自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 しかし・・・。
 だいぶ以前に、まだ議員になっていない頃の藤巻氏のブログを読んで、なんでこんなあほな事を言っているんだろうと思い、そうとう小馬鹿にした記事を書いたことがありましたが、この人は本当にぶれないのね。ww

 いまだに「ハイパーインフレが起きて国家経済が破たんする」と言いまくって、ぜったい増税しなきゃならんとのたまっておりますな。

 だいたいやね、内需依存の大きい我が国で、しかも世界最大級の供給能力を持っている日本が、なんでハイパーインフレになるの??
 って言いたいよね。
 (ハイパーインフレってぇのは、経済政策の失敗と圧倒的な供給能力不足の二つが無ければ発生しません)

 そもそも論だけど、GDPの拡大に最も必要なのは、借金です。
 総所得が増えることがGDPの拡大という事なんですが、それって、現ナマの流通量が増えなければあり得ませんよね。
 ただ、日銀が札びらすれば良いってぇ事じゃなくて、市井に札びらが出回るには債券の発行によって成しえるんですな。
 それが借金と言う意味です。
 そうやってパイを膨らませない限り分捕り合いになってしまうんです。

 かつては、企業が、そして生活が良くなって次に個人が、設備投資や住宅や自家用車等でローンを組み、国内に大きな債券が発行されていたんですよ。でも、デフレ経済下で、大きく減少してしまいました。
 そこで「呼び水」と言う目的も含めて、政府が借金をして経済を刺激しつつ、国内の経済エンジンの回転数を上げて、需要を拡大して行こうってぇのが「アベノミクス」なんですね。

 そこでの増税は、間違いなくブレーキであって、早すぎます。
 上り坂で、頂点に行かないうちにブレーキを踏んでいるのと同じ。
 「踏め踏め!」と声高に叫んでいるのが藤巻氏なんです。

 かなり面白かった。

 





【2015/12/05 08:53】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック