自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 今回の対韓外交が決裂したらどうだったんでしょうかね。
 日本は別に困らないと私は書きましたし、実質的な経済問題ではほとんど影響は無かったのではないかと思います。

 しかし、米国は中国にすり寄る韓国をかなり苦々しく感じていて、日本との関係改善と共に日米韓で中国に対峙する形に持って行きたいと考えていたんでしょうな。
 少しずつではありますが、形だけでも日韓関係の改善は、米国にとって大いに歓迎する事と思いますな。
 ま、対米的に安倍政権の手柄という事になると思います。
 中国だって、内心は苦々しく思っていたとしても、平和的な進歩ですから表だって反発はできません。
 
 懸念されるのは、今後の韓国の「おねだり」です。
 慰安婦問題とは関係無い様な顔をして、巨額な通貨スワップを求めて来るはずです。
 そこですね。
 今まで水面下でやって来た対韓外交を、今度は白日の下に晒して、思いっきり大公開してやれば良いのですよ。

 「はいはい、今度はおねだりですか、これだから韓国は!」とね。

 今回の合意は、少なからず世界も注目していますから、韓国の体質をどんどん世界に発信する事が肝要です。

 私とほぼおんなじ考えのブログです。(ずっとわかりやすく面白いですが)

 え? 安倍さんが韓国に譲歩? 敗北? んなわけないでしょ(笑)
 http://ameblo.jp/tokyo-kouhatsu-bando/entry-12111421307.html

 この動画も同じような意見です。
 注目すべきは、韓国世論の二分で、とりわけ挺対協と韓国政府側の分裂は大きい要素です。

 

 昭恵夫人、この日に靖国参拝するし。
 大したもんだ!

 安倍首相の昭恵夫人が靖国参拝 フェイスブックに書き込み、写真も
 http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280078-n1.html



 しかし、世界はもう戦争状態なのだ。

 

 




【2015/12/29 10:48】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック