自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 今朝方から、「ほれ見た事か!」の大合唱ですね。
 もうちょっと持つかと思いましたが、思いのほか早く、向こう側から決裂の話が出てきました。

 日本側は、譲れるギリギリの線まで譲歩したと思います。(それが行き過ぎの声は多いですが)
 あそこまで譲らなければ「合意」の形はとれなかったと思います。
 取りあえず「合意」の形さえ取れれば、反故にするのは勝手ですが、した方が悪者になりますな。
 徹底的に悪者扱いすれば良いじゃないですか。

 10億も無し。
 今後の経済支援も無し。(これが欲しくて欲しくてしょうがないんだけど頭を下げたくなかったのね)
 予定した日韓首脳会議も危ういでしょう。(もう経済支援の話はできません)

 この一連の動きで、一番損をするのは他ならぬ韓国のはずです。
 世界的な反日プロパガンダをひっくり返すにはまだまだ足りないのかもしれませんが、印象付けにはなると思います。
 「謝罪で日本の誇りを傷つけた」とおっしゃる向きも多いのですが、そんなん、とっくに村山・河野でやらかしてますからね。
 ま、私の楽観的な観測かもしれませんが、合意で友好モードに入るよりは、はるかに良い状態になった(向こう側から)と私は解釈いたします。

 かなり手厳しい「タンタンニュース」

 

 はいはいちょっと早いがいつものペース。

 慰安婦のユネスコ登録申請 「見送り」報道は事実無根=韓国
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/29/2015122902386.html

 慰安婦像の移転、日韓で認識に食い違い=韓国ネット「移転を受け入れれば大きな傷に」「どちらの言っていることが正しいんだ?何か隠している」
 http://www.recordchina.co.jp/a126056.html


 米国の怒りは韓国に向くし、中国は崩れ行く韓国を見放す・・と私は見る。





【2015/12/30 08:18】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック