自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 とうとう(いや前からか)馬脚を現した竹中平蔵。
 彼の持つ経済観が、実に長い間日本のマネージメントを牽引してきた事は紛れもない事実だが、その大元に存在するのは、米国を中心とした新自由主義的な市場原理であり、言い換えればグローバリズムそのものなんだな。

 しかし、規制緩和を推し進め、資本の自由化と共に、例えば大きな部分で「大店舗法」を骨抜きにしてしまった事等により、地方で何が起きたか、どこもかしこも自営業はシャッター街にとって代わり、惨憺たる有様であることはここに書き記すまでもない。

 それらは一見して、バブル後のデフレ経済に端を発している様に見える事や、少子化人口減による自然淘汰に見えてしまいがちだが、その実は竹中平蔵の唱える徹底した「自由経済」による富の集中が、その大きな原因だったんだ。

 奴曰く、富の集中があれば、その先にはトリクルダウンと称する、「再分配」が行われるとかつては論じていたが、実は全くの詭弁であり、二枚舌であったことが自らの口から明らかになった。

 「トリクルダウンあり得ない」竹中氏が手のひら返しのア然
 http://news.livedoor.com/article/detail/11028635/

 安倍内閣はそれでも支持したいが、奴の様な二枚舌がそのブレーンとして存在する限り、諸手を挙げて、という訳には行かない。
 
この動画、藤井氏の説明するところの「公共事業の乗数効果」の話は、いわゆる「トリクルダウン」とは、全く別物です。

 

 企業あるいは、個人の「収入」あるいは「資産」になっちまった資金が、再び消費や投資に回る事を言うのよね。




 

【2016/01/06 11:38】 | 経済
トラックバック(1) |

必見です
8115
慰安婦問題日韓合意に関するAJCNの見解
http://jcnsydney.blogspot.com.au/2016/01/ajcn.html


よね
「松下電器」方式と「イオン」方式の違いですな。
良い製品には、それ相応の代価をいただいて、
下請けにも還流して、企業体全体が利益を享受するのが、前者。
製品の品質はある程度で妥協して、とにかく安価に
大量生産、大量流通が後者。

「イオン」方式は、弱肉強食の世界ですから、
前者の方が、日本人の感性に合いやすいのですが・・


ヤマ親爺
8115さん、ありがとうございます。
その様な考え方がある事は百も承知ですが、硬直よりは動きを求めた結果であり、米国の圧力も加わった合意ですな。動かなければ何も変わりませんのでね。
よねさん、そうですねー、経済的なフラクタルでしょうかね。更に、製造も海外移転するか、国内に留まるかで、大きな違いが出てくることを学習した・・と思うのですがねー。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
必見です
慰安婦問題日韓合意に関するAJCNの見解
http://jcnsydney.blogspot.com.au/2016/01/ajcn.html
2016/01/06(Wed) 18:06 | URL  | 8115 #avoeBHjE[ 編集]
「松下電器」方式と「イオン」方式の違いですな。
良い製品には、それ相応の代価をいただいて、
下請けにも還流して、企業体全体が利益を享受するのが、前者。
製品の品質はある程度で妥協して、とにかく安価に
大量生産、大量流通が後者。

「イオン」方式は、弱肉強食の世界ですから、
前者の方が、日本人の感性に合いやすいのですが・・
2016/01/07(Thu) 08:42 | URL  | よね #-[ 編集]
8115さん、ありがとうございます。
その様な考え方がある事は百も承知ですが、硬直よりは動きを求めた結果であり、米国の圧力も加わった合意ですな。動かなければ何も変わりませんのでね。
よねさん、そうですねー、経済的なフラクタルでしょうかね。更に、製造も海外移転するか、国内に留まるかで、大きな違いが出てくることを学習した・・と思うのですがねー。
2016/01/07(Thu) 09:08 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆諸悪の根源日弁連としているが、それになら ぶ第二番手が日教組である。日本の将来のが んは在日教師とともに取り除かなければならな い。今年やっと着手が可能となって準備してい る。在日の国籍条項からみの反日教師である から、すでに特定は済んでいる。。。(# ゚Д゚)。 http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/01/05/409-%e4...
2016/01/06(Wed) 22:07:54 |  母さんによる徒然・・・