FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 前にも書きましたが、ソウルの日本大使館前の慰安婦像の名前が少女像になったのも、何か不自然だし。
 韓国側が「撤去に向けて努力する」ってぇのもおかしな話です。
 ウイーン条約違反だってことは、当の昔から解っていた事ですし、官地だという事もみんな知っています。
 普通なら、建てた直後から強制撤去になってもおかしくありません。

 しかし、ここまで来てしまったという事は、半日国是である事ももちろん、北の影響を受けている事はバレバレらしいですが、設置した艇対協の国内における影響力が、いかに強いかという事ですね。
 パククネは、それをビビッて、簡単には撤去できないのな。

 しかもそういうのが、国内の経済状況にも暗い影を落としつつあるという事は、実に韓国の国民は不幸なんだなと思います。

韓国、長引く不況 新入社員も“リストラ地獄”社会問題化 高月靖氏
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160118/frn1601181140001-n1.htm

 今頃やっとそんな内容を記事にしているのを見つけたけど、日本のメディアの程度も本当に低い。

 大学教授が韓国政府の姿勢に指摘「慰安婦像はウィーン条約に抵触」
 http://news.livedoor.com/article/detail/11075555/

 

 



【2016/01/18 12:57】 | 外交
トラックバック(0) |


causal
 おはようございます。
日韓通貨スワップ締結が目的なのか知りませんが、政府は撤去の第一ステップを踏んだみたいですね。
それを単なるアリバイ作りと見るか、日韓合意を守ろうと努力はしていると見るかは、人それぞれですが。

■韓国警察が元慰安婦を支援する市民団体を捜査、韓国で物議
http://www.recordchina.co.jp/a126969.html

「ソウル地方警察庁関係者はまた、「外交空間100メートル以内でのデモは原則禁止されているが、水曜集会は24年間平和的に行われてきたので許容してきた」としつつも、「現在はその部分に関する捜査も検討している」と明らかにした。」

※警察庁が言っている事を他の言葉に置き換えると…。

・「韓国警察は、違法なデモを24年間も黙って見過ごして来た「教唆犯、幇助犯」であり「狭義の共犯」である。」

挺対協にこう言われれば、警察や警察庁幹部の誰かが責任を取らねばなりませんし、政府も非難されるでしょうし、どちらに転んでも「ただでは済まない」ようですね。このまま頓挫してしまうのか。

生暖かく見守ってやりましょうか。




ヤマ親爺
causalさん、興味深い記事をありがとうございます。韓国は日本との関係は日本以上に不可欠なんですな。それを国民には正反対に伝えて来た、そのつけをいきなり払わなければならなくなっちまった・・という事なんでしょうね。
「生暖かく・・」ですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 おはようございます。
日韓通貨スワップ締結が目的なのか知りませんが、政府は撤去の第一ステップを踏んだみたいですね。
それを単なるアリバイ作りと見るか、日韓合意を守ろうと努力はしていると見るかは、人それぞれですが。

■韓国警察が元慰安婦を支援する市民団体を捜査、韓国で物議
http://www.recordchina.co.jp/a126969.html

「ソウル地方警察庁関係者はまた、「外交空間100メートル以内でのデモは原則禁止されているが、水曜集会は24年間平和的に行われてきたので許容してきた」としつつも、「現在はその部分に関する捜査も検討している」と明らかにした。」

※警察庁が言っている事を他の言葉に置き換えると…。

・「韓国警察は、違法なデモを24年間も黙って見過ごして来た「教唆犯、幇助犯」であり「狭義の共犯」である。」

挺対協にこう言われれば、警察や警察庁幹部の誰かが責任を取らねばなりませんし、政府も非難されるでしょうし、どちらに転んでも「ただでは済まない」ようですね。このまま頓挫してしまうのか。

生暖かく見守ってやりましょうか。

2016/01/19(Tue) 05:33 | URL  | causal #-[ 編集]
causalさん、興味深い記事をありがとうございます。韓国は日本との関係は日本以上に不可欠なんですな。それを国民には正反対に伝えて来た、そのつけをいきなり払わなければならなくなっちまった・・という事なんでしょうね。
「生暖かく・・」ですね。
2016/01/19(Tue) 10:58 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック