自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 国の借金1000兆円超。
 国民一人当たり833万円・・・。

 て、まだ理解してない国民て多いよね。
 国に貸してんのは、金融機関を介して国民が貸してんのね。
 それが国債だったりしている訳ですが、それって、国民の資産ですよね。
 だから正確には、「国民一人当たり833万円の資産を持っている」事になります。

 増税によって国の借金を減らすって、合法的に国民の資産を分捕るってぇ事になる。
 それをごまかす詭弁なのか!!

 だから正確には、「国民一人当たり833万円の資産を持っている」事になります。

 もう何年も言い続けているけど、なかなか伝わらないのね。

 



【2016/01/30 12:35】 | 経済
トラックバック(0) |

不良資産は藻屑ダニヵ?
処方箋は処方箋
初めましてですが、失礼します。需要の創出は、「資産を消費性向の高い若年層へ移転」とか言ってる限りありえないと思います。財政出動しても、使いものにならない資産が増えれば、国民の不安は増大します。国民の不安を軽減すると考えるのであれば、増税し、闇雲的な「設備投資しろ」「給料上げろ」は逆効果です?


ヤマ親爺
処方箋は処方箋さん、いらっしゃいませ。そう、私等の様なリフレ派に対しておっしゃるような考え方が対極にある事はよく解ります。それに対しての反論は、簡単な言葉では難しいのですが少し書きます。
経済は拡大しなければ分捕り合いです。それは商売してみるとよく解る理屈です。拡大のためには債務が必要ですね。企業も個人もデフレの為に設備投資や消費をしなくなってしまった。債務が発生しなくなりました。
そういうデフレ社会の、物よりも通貨の価値が上がるのは、経済社会の持続性が無くなるという事が最大の欠点です。それならば国が債務を負って、経済拡大の「呼び水」を作り景気拡大、緩やかなインフレに移行状態にする、という解釈です。国は、個人や企業と違い、いつまで返さなければならないという決まりは無くても良いという事です。ど外れた無駄遣いでない限りは財政出動はすごく意味のある事だと思います。今の大きな借金によって生じている資産は、天下り先が持っているものが多いんですよね。そっちに行ってしまわないよう、民間の需要喚起が必要です。

資産も原価のうち
処方箋は処方箋
早速のご返事ありがとうございます。実は、これでも、僕は「需要喚起のため」の財政出動推進派なんです。しかし、今ある日本国は、「欠陥だらけの官僚社会主義」に支配されていると考えています。通常、費用100に対して、収益が40であれば「大赤字」と判断しますが、「欠陥だらけの官僚社会主義」では、費用100に対して、前繰20、収入40、借入50で「黒字」とします。つまり、官民双方が、「ゆとり」と称す、強迫観念に縛られ、短年のキャッシュフローを主体として、バランスシートの概念(負債に見合う資産があれば、問題はない)がありません。これでは、いくら財政出動しても、ドブにミズとなり、直に消えてしまいます。僕は、保守派のひとたちに、民間に限らず、「未来で資本を生む、資産の構築を考えなさい。必ず税収は上がるから、"将来で使いものになる資産"の構築に励みなさい。」と言ってほしいと思っています。失礼しました。ペコリ。


ヤマ親爺
処方箋は処方箋さん、ありがとうございます。おっしゃる通りです。独立行政法人等の仕事を全否定はしませんが、明確な生産性が見受けられないものが多い様な気がします。あと啓発と称して意味のない発行物とかね。まことしやかな文言だけで、土地を占有し高価な建物を作り、結構な収入を得ている、言わば「為にする資産」という事になりますな。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
不良資産は藻屑ダニヵ?
初めましてですが、失礼します。需要の創出は、「資産を消費性向の高い若年層へ移転」とか言ってる限りありえないと思います。財政出動しても、使いものにならない資産が増えれば、国民の不安は増大します。国民の不安を軽減すると考えるのであれば、増税し、闇雲的な「設備投資しろ」「給料上げろ」は逆効果です?
2016/01/30(Sat) 18:02 | URL  | 処方箋は処方箋 #b0GkAB7c[ 編集]
処方箋は処方箋さん、いらっしゃいませ。そう、私等の様なリフレ派に対しておっしゃるような考え方が対極にある事はよく解ります。それに対しての反論は、簡単な言葉では難しいのですが少し書きます。
経済は拡大しなければ分捕り合いです。それは商売してみるとよく解る理屈です。拡大のためには債務が必要ですね。企業も個人もデフレの為に設備投資や消費をしなくなってしまった。債務が発生しなくなりました。
そういうデフレ社会の、物よりも通貨の価値が上がるのは、経済社会の持続性が無くなるという事が最大の欠点です。それならば国が債務を負って、経済拡大の「呼び水」を作り景気拡大、緩やかなインフレに移行状態にする、という解釈です。国は、個人や企業と違い、いつまで返さなければならないという決まりは無くても良いという事です。ど外れた無駄遣いでない限りは財政出動はすごく意味のある事だと思います。今の大きな借金によって生じている資産は、天下り先が持っているものが多いんですよね。そっちに行ってしまわないよう、民間の需要喚起が必要です。
2016/01/31(Sun) 08:29 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
資産も原価のうち
早速のご返事ありがとうございます。実は、これでも、僕は「需要喚起のため」の財政出動推進派なんです。しかし、今ある日本国は、「欠陥だらけの官僚社会主義」に支配されていると考えています。通常、費用100に対して、収益が40であれば「大赤字」と判断しますが、「欠陥だらけの官僚社会主義」では、費用100に対して、前繰20、収入40、借入50で「黒字」とします。つまり、官民双方が、「ゆとり」と称す、強迫観念に縛られ、短年のキャッシュフローを主体として、バランスシートの概念(負債に見合う資産があれば、問題はない)がありません。これでは、いくら財政出動しても、ドブにミズとなり、直に消えてしまいます。僕は、保守派のひとたちに、民間に限らず、「未来で資本を生む、資産の構築を考えなさい。必ず税収は上がるから、"将来で使いものになる資産"の構築に励みなさい。」と言ってほしいと思っています。失礼しました。ペコリ。
2016/01/31(Sun) 10:51 | URL  | 処方箋は処方箋 #SqoPBuKQ[ 編集]
処方箋は処方箋さん、ありがとうございます。おっしゃる通りです。独立行政法人等の仕事を全否定はしませんが、明確な生産性が見受けられないものが多い様な気がします。あと啓発と称して意味のない発行物とかね。まことしやかな文言だけで、土地を占有し高価な建物を作り、結構な収入を得ている、言わば「為にする資産」という事になりますな。
2016/01/31(Sun) 14:06 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック