自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 この20年間に最も人生の労働生産時期を過ごした人たちは不遇だったと言える。
 かく言う私もそうだもんな。

 とにかくデフレ経済はつらい。
 潤沢な資産を持たない私などは、どうしても一般的な金融機関から融資してもらって、住宅建設やら自家用車の購入、果ては学費や、その他の事業展開に充てる訳だが、インフレ社会なら、定額返済の場合間違いなく年々返済の負担は軽くなって行く。
 逆にデフレ経済下では、全くその逆になる訳で、20年前、月々20万円とか返済の住宅ローンなんか、今では返済ができず、夫婦がわざと離婚して、片方が個人破産しながら糊口をしのぐなんていう事象も起きている。

 そういうデフレ経済って、世界の大きな流れでどうしょうもないのか、と考えたりもしたが、いやいや、日銀辺りの金融政策の大失敗が招いたというのだ。
 
 以前にもそんな記事を書いたが、再確認のような記事が出ていた。(やっぱり高橋洋一氏だった)

 今も尾を引く金融政策の失敗 「失われた20年」は誤った経済常識から
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160209/dms1602090830007-n2.htm

 日銀の当座に預けて金利が付くって、その金利の原資は税金だって??
 確かにそういう事になるよな。
 何が問題だって、何もしていない、運用益とかじゃないのに金利が付いていることが問題なんだって。
 武田氏いわく、「こりゃ違法なんであって、マイナス金利はむしろ正常に戻しているだけの事」
 いいねぇ、ちょいと見方を変えるのは大好きだよな。

 金融機関が、国民の金を集めて、日銀当座に積み立てたり国債買ったりして金利で食ってゆくなんてなぁ、やっぱり駄目だよな。

 








【2016/02/09 10:30】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック