自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 消費税は最低延期、本当は凍結、もっと言うと減税。
 財政出動は必須。
 財政健全化はしばらくは考えなくてよい。て言うか三橋氏は、全く考えなくていい。
 規制緩和も一部を除き要らない。
 もちろん移民はだめ。
 法人税減税もやる必要は無い。
 内部留保と、投資家の配当が増えるだけ、投資に回る訳がない。

 三橋氏がずーっと言い続けた事なんだけど、日本の政治家って、権威に弱いからな、逆に言うと三橋レベルのいう事なんか聞かないんだよな。
 ま、三橋氏は結果が良けりゃそれで良いって言っているけど、スティグリッツや、クルーグマンの言っている内容は、三橋氏はとっくに言っている事なので、彼はもうノーベル賞レベルってぇこった。

 という事で、ほぼ増税は無くなった。
 あとは手続き論で、国民に信を問う必要があるとすれば、どの段階でそれをやるか?
 増税延期案を通してから解散か?
 解散総選挙後に、新内閣で増税延期に臨むのか?
 この辺はよく解らん。

 

  これだし!
 財政出動、要望相次ぐ クルーグマン氏「政策不十分」
 金融経済分析会合、増税延期論も
  http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H6Z_S6A320C1PP8000/

 経団連までも!

 経団連会長「財政出動伴う景気対策を」
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160322/k10010452511000.html

 これって、二本目の矢なんだよね。
 催促されてからやっちゃあだめね。




【2016/03/23 08:39】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック