自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 まあ容易に想像できますな。
 イチローの場合(呼び捨てですみません、親愛を込めて・・)別に強面でもないし、日本人らしい、一見華奢に見える体つきだし、バカでかいあちらの選手で、しかも筋肉馬鹿みたいな単細胞だったりしたのもいれば、そりゃー嫌らしいいじめも当然あるよな・・。

 しかし、そういうのを吹っ飛ばすのに大した時間は掛からなかった。
 何しろ実力がすべての世界ですもんね。

 あのイチローですらいじめに遭っていた。

 しかし、困った事に、実力の世界じゃないところで、今まさに生活を送っているヒトタチや、子供達がかわいそうなんですよね。
 一般社会でも、実力があればガンガンのし上がって行けますよね、陰口位は叩かれるかもしれませんが、いいとこその程度です。

 実力ではなく、なんとなく公平平等に扱われている世界の中にこそ、顕著ないじめが発生している様に見えてしまうのは私だけでしょうか?
 例えば、役職の付かない作業に携わっているヒトタチや、大勢のパートさんたちの世界。
 一般職員と言われる公務員の世界や、教職員等の人達。
 そして、極めて平等と言われる子供たちの世界とかね。

 持論として、いじめはなくなりません。
 なぜならば、いじめは、見方を変えれば、弱い者が淘汰される自然節理の中から出て来る本能だからです。
 平等だからと言って、どうしても個人差は出てきます。そしてそれがいじめのターゲットになったりしますな。
 そして、いじめられている人が、なんとなくヘタレだったりしているのが態度が急変すると、途端にいじめが無くなったりしますよね。
 ま、そんなもんです。

 そして、その本能である「いじめたい心の部分」を抑えるのが「理性」です。
 その理性って、個々の人間が持っている心根の部分なんですよね。
 何を言いたいかと言うと、今学校なんかで言われている「みんなでいじめをなくそう」ってぇのは、一見集団的自衛権みたいに見えますが、全く効力が無いんですよ。
 いじめをしなくなるのは、「私は、人がいじめても絶対加担しないし、自らいじめる事は無い」という確固たる信念が必要なんですな。

 なんとなく「憲法九条」みたいだって?

 違います。
 あれは単なる建前で、信念ではないんです。

 信念は、日本人の心にとっくの昔から備わっています。

 

腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/03/25 11:30】 | スポーツ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック