自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 何しろね、あの菅直人も、今の岡田代表も「増税するとなんで景気が悪くなるの??」って思っているらしいですからね。
 気分はもう社会主義、政府の財政さえ良くなりゃ、国の経済が活性化する?と思っていたらしいです。
 いや、今もそう思っているんでしょう、思考停止の人達には理屈は通じませんからねぇ。

 今は確かに、政府による財政出動はものすごく重要で、増税を止める次にプライオリティーである事は紛れもない事実です。
 その為には財源が必要な訳ですが、それを増税によって賄うという事がそもそも大間違いなんですな。
 ま、民進党レベルの脳みそでは、顕著な再分配位しか思いつきませんので、建設国債なんていう発想は出て来ません。

 建設国債による財政出動を将来に渡っての投資と考えた場合、私たちの子孫に受益負担してもらう事も当然ありな訳です。
 60年~100年の建設国債を発行し、社会インフラのメンテナンス、高速道路、新幹線の新規開発、リニアモーターカー、港湾の整備、次世代エネルギーの開発、等々、それを内需エンジンの起爆剤にするという考え方が、今一番日本の経済政策に合致していると思うのですがねぇ。

 野党が馬鹿だから安倍政権を追及できない。




【2016/03/28 08:42】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック