自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 私のブログも最近副題を変えましたが、自主防衛や、自主エネルギー等と言うと、世界の流れに反している等と言われてしまいますね。しかし、世界的な大きな流れと言われる、米国企業(なのか、ユダヤ資本か)を中心として世界を席巻しようというグローバリズムには、いささか辟易するものがあります。

 辟易どころか、あの中東地域では、「資本」に対しての明確な価値観を持たなかったはずの民族ですら、そのグローバリズムの風にさらされ、否が応でも貧富の格差を見せつけられた挙句、反発するように台頭する原理主義が殺りくを繰り返すようになっちまった・・等と考えております。

 自主憲法、自主防衛、自主エネルギーなどと訴えていると、すぐに排外主義者のレッテルを貼られてしまうようですが、降って湧いたように現れたのが米国共和党の大統領立候補者トランプ氏なんだよね。

 単純な経済論や、民族宗教論などではとても解決できない話だと思いますが、明らかに言えるのは反グローバリズムなんですね。

 しかし、判りやすい激しい言葉の表現に反発する米国民も多い様です。

 おそらく「米国の良心」といわれるものの影響で、大統領にはならないと思いますが、少なくともその空気はゼロにはなりません。
 日本は、いずれは自主防衛の方向性を打ち出して行かなければならない時期が必ず来ますな。

 その時に、日本として対応できる理論は、ほとんどこの三橋氏の話で解決して行けると私は思っております。

 





腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/04/02 09:09】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック