自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 「日銀が、今以上の金融緩和をやるんだったら、市井の国債みんな買っちゃえば財政再建完了」
 「政府が払うべき国債の金利は国庫に入るからチャラ」
 「最終的にインフレにならなければオケー」
 「消費税なんかいらない」


 いや~、徹底的な事を言っちゃいましたね。
 ものすごい内容をサラッとね。

 政府の借金とされる国債は、約400兆円分を市井の金融機関が握っている訳ですが、それをみんな日銀が買ってっしまえば、政府の借金は事実上半分になってしまいます。資産と相殺すれば完全なプラスに転じてしまいますな。
 財務省の増税のロジックが完全に破たんしてしまいます。

 実はここが真実なんでしょう。
 庶民には最も知られたくない部分だと思います。
 「税と金利」で世の中を成り立たせるへ理屈が崩壊するという内容ですな。
 
 しかし、この人大丈夫かいな?
 時々心配になります。

 



【2016/04/07 09:16】 | 経済
トラックバック(0) |


ちびたぱすかる
バランスシート上は当然の話です。同じようなことを三橋貴明氏が言っていますね。


ヤマ親爺
ちびたぱすかるさん、ありがとうございます。
複式簿記にすると、官僚の天下り先に大きな資産が残る事がバレバレになってしまうからなんでしょうね。www

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
バランスシート上は当然の話です。同じようなことを三橋貴明氏が言っていますね。
2016/04/07(Thu) 22:49 | URL  | ちびたぱすかる #-[ 編集]
ちびたぱすかるさん、ありがとうございます。
複式簿記にすると、官僚の天下り先に大きな資産が残る事がバレバレになってしまうからなんでしょうね。www
2016/04/08(Fri) 08:51 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック