自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 誰でも言える様な「平和・自由・平等・博愛」等を、戦後の動乱期に唱えて信者を増やし、強欲な運営により蓄財した資金で大学を作り、マスコミや、政界、法曹界、警察などの社会を司る組織に信者を送り込む。さらには政党まで作るに至り、巧みに政局を操り与党にまでなってしまうという。
 記事のほとんどがその宗教の話なのにもかかわらず、信者には一般の新聞と同じように購読させ、購読料で収益を上げるのは当たり前で、その印刷を大手の新聞社に依頼し、そのメディアに対しての圧力になる様に仕向けたり、宗教にはそぐわないテレビCMも大々的に行い、マスコミに対してのスポンサー的圧力を有する、ここまで書くと空恐ろしくなるような、宗教が存在する。その宗教はフランスでは「カルト宗教」の指定すら受けているという。

 何が悪いのか?

 例えば、その宗教の施設は宗教目的であれば非課税であったり、集会場を作れば公民館扱いで非課税になる。社会的、公益的な目的にはまるで合致していない。
 そのくせ、選挙になれば信者を利用した集票組織が活躍するという一面を持つ。

 これらが果たして善と呼べるのか?

 問題は、「教祖」なるものが現存し、その人間の思惑が組織全体に大きな影響を持っている事である事と、もう一つは排他的な一神教であり、イデオロギーにも大きく影響があるという事なんだな。

 この二点だけでも、平和的な民主主義とは言えないと私は思う。

 そして、この宗教がややサヨク的空気を帯びているのに対し、ウヨク的な空気で信者を増やそうとしている、やはりカルトと呼んでも良い様な宗教が存在する。

 しかも、御多分に漏れず、人の不幸を利用するがごとく災禍に便乗しあらぬ情報を発信する行為は許しがたい。

 要注意!

 熊本地震は 「日本の神々」からの警告
 http://the-liberty.com/article.php?item_id=11193

 真実を伝えている部分もあるが、そこが危ない。
 https://www.youtube.com/user/theFACTtvChannel

 コピペですが、少しでも・・。
 CgHTUk5UkAAFN0q.jpg





【2016/04/16 08:41】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック