自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 そりゃーね、名目上の借金である国債を発行し続け、野放図に金を刷って使い放題にすれば、馬鹿でもダメな事位判りますよ。
 通貨発行権を持った国家が、それを発行するために国債を刷る訳ですよね。
 貨幣は政府、紙幣は日銀から発行されますな。
 国債は政府からでしょ。
 国内で還流しているうちは、どちらの価値が高いのでしょうか?
 これだけ金利が低いと、もはや同じような物です。
 
 発行数が多ければ多いほど、通貨も国債も信用が落ちて行きますが、今の日本にそれが当て嵌まるのでしょうか?
 それよりも、民間・企業の需要がない為に景気が回復しない方がよっぽど大問題だと思いますよね。

 いやしかし、本当に需要が無いのですか??

 先ず第一に、災害復興でしょ、全国で立ち遅れている耐震補強もそうですよね。
 まだまだ、不便な地域がたくさん存在しますが、その解消も含む道路や、橋梁、トンネル等の、メンテナンスも含めたインフラ整備。
 次世代の為とか言い出すと、北陸新幹線の延長とか、リニア新幹線の早期化や、日本の科学技術の元になると言われるリニアコライダーの開発。
 更には、メタンハイドレートとか、オーランチオキトリウムに代表される次世代エネルギー。
 無尽蔵に存在する海洋型レアメタルの開発等々、やるべきこと、潜在的な需要は、私の様なボンクラ頭でも枚挙にいとまがないほど存在します。

 しかし、それらはすべて国の金が絡む仕事なんだよな。
 しかも、大学の研究レベルじゃなく、事業化して雇用を発生させ、長期による活性化を基にした収益を睨めば、決して無駄遣いなんかじゃなく、しっかりと税収としてリターンする物も多いはず。
 そして、15兆円とも言われる需給ギャップの解消に繋がって行く訳よ。
 
 だから、財政出動だって言ってんの!

 ちょっと考えても、とてもじゃないが「プライマリーバランス」なんぞという、官僚できすぎ君たちの良い顔の為に、そういう国家の最重要な事を置き去りにしていいはずがない。
 
 あっという間に3流国家に成り下がってしまうよな。
 どこかの国の二の舞だけは、本当にごめんだ!
 もう一回言います、だから財政出動しかないの!…ってぇ話。

 



腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/05/18 11:55】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック