自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 米海兵隊が内部資料に書いた「沖縄にいる理由」

 何だかもっともらしい表題に釣られて読んでしまいましたが、正直、この程度の方が物書きとして成り立っている事が、すでに沖縄マイノリティー利権だよね。
 笑ってしまいます。

 まず最初に。

 「本土に基地を移設できないから」って書いてありますが、それ自体は本質じゃないですよね。
 だって、次にじゃあなんで日本に海兵隊がいる必要があるの?って話になりますからね。

 で。

 「沖縄県や自治体は基地問題をテコに、中央政府から補助金や振興策を引き出している」

 「沖縄の新聞は偏向している」

 「沖縄の人は一般的に情報に疎く、彼らは限られた視界で物事を見ている」

 これってすべて、事実であり、その責任の一端は筆者も大いに関係している沖縄のメディアに起因している部分が極めて大きいですよね。

 でさらに、海兵隊は年のうち半分は海外で訓練を行い、中国軍ともやっている。だから中国を仮想敵国という日本政府の弁は詭弁(大意)だと書いているが、海兵隊の訓練が海外へ行くのは、多様化という点で当たり前であり、外交的に明確に対立していない平時に、仮想敵国の実力を読むためにも一緒に訓練するのも当たり前に世界で行われている事である。

 だから、中国を仮想敵国として扱うのが時代遅れと締めくくる。

 中国の最も怖いのは、中国政府のガバナンスが、中国軍に及ばなくなる事なんだよな。
 中国軍の細かな動きを見ていると、どうも政府の思惑とは異なる動きが随所に見えるらしい。
 完全に軍を掌握しきっていないのじゃないか?という懸念がある。
 
 もしもガバナンスが崩れた時に一番心配なのは核ミサイルだ。
 一発で、世界が変わってしまうだけに、広島を訪れたオバマですらあのかばんを携行したほどである。
 軍が暴走した場合の鎮圧をどうするか?
 という最悪を想定したときに、真っ先に考えられるのが「海兵隊」であり「オスプレイ」なんだが、筆者はその辺を書かないのな。
 ま、知らないのかな?

 あまりにも嘆かわしい記事だったので紹介しておきます。



【2016/06/22 08:38】 | 沖縄
トラックバック(0) |

【在日の通名使用を止めよ】
北条 泰男
http://mewrun7.exblog.jp/tb/24475254


ヤマ親爺
残念ですがリンクが開きません。
しかし、通名廃止は賛成です。
一時通名廃止の話が出回りましたが、どうやら噂だけだったのかはっきりしません。情けない話です。

海兵隊の買い被り
冬水
軍事のことはよくわからが、この間、女性を強姦殺害した屑は母親によると11歳のころから麻薬に溺れていたとか。ま、こんなのが入れる軍隊など屑だろうと想像する。
ところでトランプは駐留費を全額支払えと要求するそうだから、そうなれば、ただの傭兵じゃないかな?では、雇い主として品質の点検が必要。海兵隊などというアフガンでタリバンに負けるような弱兵は要らない、綱紀のしっかりした強兵と交換しろと要求しなければなるまい。
強兵を作るのはなかなか、難しいのだ。何よりも実戦の経験である。ナゴルノカラバフ紛争でよくわかった。アゼルバイジャンの若い兵はアルマニアの老兵に粉砕された。アルマニアの老兵がソ連兵としてアフガン戦争を経験していたからだ。
東アジアでは北朝鮮兵が一番強いだろう。今もシリア内戦に参加しているから。韓国兵など鎧袖一触だろう。アメリカの海兵隊も全滅するかも。


ヤマ親爺
冬水さん、まあね、こればっかりはやってみなきゃ解らんですよ。白兵戦でいくら強くても、はるか彼方からミサイル攻撃やら、空爆やらで戦意喪失してしまったら何にもならんもんね。
米国は、極力白兵戦にならない様な武器をいくらでも調達できるわけですからね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
【在日の通名使用を止めよ】
2016/06/22(Wed) 14:53 | URL  | 北条 泰男 #ulYx6Mu6[ 編集]
残念ですがリンクが開きません。
しかし、通名廃止は賛成です。
一時通名廃止の話が出回りましたが、どうやら噂だけだったのかはっきりしません。情けない話です。
2016/06/23(Thu) 08:54 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
海兵隊の買い被り
軍事のことはよくわからが、この間、女性を強姦殺害した屑は母親によると11歳のころから麻薬に溺れていたとか。ま、こんなのが入れる軍隊など屑だろうと想像する。
ところでトランプは駐留費を全額支払えと要求するそうだから、そうなれば、ただの傭兵じゃないかな?では、雇い主として品質の点検が必要。海兵隊などというアフガンでタリバンに負けるような弱兵は要らない、綱紀のしっかりした強兵と交換しろと要求しなければなるまい。
強兵を作るのはなかなか、難しいのだ。何よりも実戦の経験である。ナゴルノカラバフ紛争でよくわかった。アゼルバイジャンの若い兵はアルマニアの老兵に粉砕された。アルマニアの老兵がソ連兵としてアフガン戦争を経験していたからだ。
東アジアでは北朝鮮兵が一番強いだろう。今もシリア内戦に参加しているから。韓国兵など鎧袖一触だろう。アメリカの海兵隊も全滅するかも。
2016/06/23(Thu) 13:14 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
冬水さん、まあね、こればっかりはやってみなきゃ解らんですよ。白兵戦でいくら強くても、はるか彼方からミサイル攻撃やら、空爆やらで戦意喪失してしまったら何にもならんもんね。
米国は、極力白兵戦にならない様な武器をいくらでも調達できるわけですからね。
2016/06/23(Thu) 17:35 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック