自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 民間でどれだけの事をやっていても、国の政策レベルまで突っ込んで行くのは難しい。
 政治家になったとしても、万年野党や、無所属では話にならない。

 反面、選挙で当選しなくても、ある程度の実績があり、一本釣りで民間議員みたいになれば話は違う。
 (竹中なんていう、でたらめ議員もいるが)

 青山氏を突き動かしたのはそこだ。
 安倍総理が、直接青山氏を口説いたのだ。
 メタンハイドレートの開発や、安全保障などで、いくら口を酸っぱくして言い続けてもなかなか政府には届かない。
 青山氏れべるでもそうなんだ。
 「やるからのは立たねばならない」・・そう思ったのだ。
 (実際に一番影響を受けたのはオカーチャンだったらしいが)

 彼の話は、時として、「そこまで言わなくてもいいよ」と思う時もあるが、そんじょそこらのコメンテーターには絶対言えない事をたくさん話してくれる部分は、それを差っ引いても余りある。
 そういう意味では、やや言いすぎる位でもちょうど良いのかもしれない。
 
 あの、精神科医のキチガイ女は、彼のファンを信者と揶揄したが、青山氏の話をちゃんと聞くと実に正論であり、ニュートラルな人物なんだと気付かせてくれる。
 (香山リカは、人の話を聞く耳を持って無いもんね、もし聞いたとしても、彼女の頭では理解できないんだろうな)

 街頭演説はかなりハイテンションでやっているから、普段の人柄よりやや誇張されてしまうのが玉に瑕だが、傾聴に値する。

 

  



【2016/06/24 09:27】 | がんばれ保守
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック