自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 非常に興味深いですな。

 こんな内容を学校教育で教えていたら、今の日本は相当違ったものになっていたでしょう。
 確かに、大戦前夜の英国は、世界最大の植民地を有しておりましたな。
 800px-British_Empire_1921.png

 当然軍事力も世界有数です。
 弩級戦艦と呼ばれたプリンスオブウエールズも、当時の情報網では米国の戦艦を除けば世界最大級であり、(実際は日本の大和・武蔵だったのだが極秘だった)主砲同士の打ち合いだとすればまず負ける事は無いと高をくくって、ただならぬ気配の東南アジアに進攻していたはずですな。

 それが、あの真珠湾攻撃の二日後のマレー沖海戦で、よもや航空機によって簡単に沈められることになろうとは、山本五十六ですら想像していなかったらしいです。

 それから四年後、太平洋戦争は終わりを告げる訳ですが、その後に起こった、世界各国(特にアセアン諸国)の独立の機運は、英国の凋落と反比例するように広がりを見せて現代に至ります。

 私も、対米でしか物事を考えていなかったんですが、当時の英国はやっぱり相当なもので、しかしその象徴とも言われる戦艦を東洋の小さな国の飛行機が沈めてしまったという事の意味合いは、想像を絶するものだったのでしょう。

 その後、確かに英国は大きく浮かび上がる事はありませんでした。

 時代の流れかもしれませんが、直接引き金を引いたのは、日本海軍だったという事に間違いはなさそうです。

 やっぱり武田先生の話は、時として凄く良いお話をされますな。

 

 

腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/06/28 13:15】 | 大切な日本
トラックバック(0) |


よね
戦闘航海中の戦艦が航空攻撃で沈められた最初の事例です。
タラント軍港夜襲(英国が伊の戦艦を撃沈)にせよ
パールハーバーにせよ、「停泊中」ですから。
(ビスマルクも手傷を負ったが撃沈は水上艦艇)
戦艦にたいする航空機の優位が証明されました。

政治的にも、インド人がマレー沖海戦と
シンガポール陥落を見て、白人が有色人種に負けうると
気づいた事例です。

マレー沖海戦の意義は、戦後日本人の認識よりはるかに大きく、
おそらく世界史に日本が影響をおよぼした最大の事件でしょう。


ヤマ親爺
詳細をありがとうございます。
近現代史で、日教組辺りが絶対触れたくない項目なんでしょうな。もうその時代は終わりにしましょう。


よね
ところで、最近、書いていない
「仮想作戦」エントリーですが、
どこの国の戦艦を沈めますかね。

「兜割り」ならぬ「甲板割り」爆弾で、
500mmまでの装甲は貫通可能です。
ヤマト級でも、アイオワ級でも貫きますよ。


ヤマ親爺
よねさん、着弾終速マッハ5の奴の話とは違いますか?

わからないこと
冬水
本能寺の変もよくわからないし、9.11であのビルが倒壊したのもわからない。あんなに高いのだから事故で、ジェット機が衝突する可能性はあるから、そうならないように設計していたはず。だけど倒壊した。
フランス革命だって、なぜ起こったのかわからない。国の興亡、停滞、衰退などは原因が複雑系でよくわからない。日本経済の停滞だって、財界、自民党などはアメリカ仕込みの経済学であれこれやっているけど、やっぱりデフレは続く。ブードゥー経済学らしい。
最新鋭の軍艦が航空機で沈没させられたから、衰退の引き金になった?武田先生も、風が吹けば桶屋が儲かるみたいなことを仰る。
中国経済の衰退を予想したり希望してもわからないのだ。WHO KNOWS?神のみぞ知る。で、ワタシは投資は「待つ」を信条としている。


よね
原理は、おおげさではないです。
爆弾や砲弾の爆薬を凹型に詰め、薄い銅板を貼ります。
そうしますと、爆発すると、銅が2000℃以上の液体となって、
鋼鉄をも貫通します。
正式名称を「成形炸薬弾」といいまして、史実でも
歩兵が携行する対戦車兵器として、2次大戦末期に登場します。
今でもゲリラのおじさんが持っているロケット弾が
TVで映りますから、オヤジさんも目にしたことがあるはず。
弾頭の直径の2倍の鋼鉄を貫通します。
500kg爆弾の直径が300mmぐらいですから、
戦艦の装甲をも貫通できるわけです。
2次大戦後は戦艦自体がなくなったので、実現はしませんでしたがね。
現代では、戦車には積まれていますよ。
戦車の方は、「成形炸薬弾」対策として、
装甲の一部が爆発して、液体金属をそらすという
「爆発装甲」を組み込むのが一般的になりました。


ヤマ親爺
冬水さん、私は、よく解らないかもしれませんが、うすぼんやりと判ります。ずーっとそんな調子ですがまあ良いと思っております。よねさん、そんな原理がある事は全く知りませんでした。瞬間的な2000℃って、そんな力があるんですな?しかし、マニアの域を超えていらっしゃるような気がしますが・・。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
戦闘航海中の戦艦が航空攻撃で沈められた最初の事例です。
タラント軍港夜襲(英国が伊の戦艦を撃沈)にせよ
パールハーバーにせよ、「停泊中」ですから。
(ビスマルクも手傷を負ったが撃沈は水上艦艇)
戦艦にたいする航空機の優位が証明されました。

政治的にも、インド人がマレー沖海戦と
シンガポール陥落を見て、白人が有色人種に負けうると
気づいた事例です。

マレー沖海戦の意義は、戦後日本人の認識よりはるかに大きく、
おそらく世界史に日本が影響をおよぼした最大の事件でしょう。
2016/06/28(Tue) 20:02 | URL  | よね #-[ 編集]
詳細をありがとうございます。
近現代史で、日教組辺りが絶対触れたくない項目なんでしょうな。もうその時代は終わりにしましょう。
2016/06/29(Wed) 12:57 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
ところで、最近、書いていない
「仮想作戦」エントリーですが、
どこの国の戦艦を沈めますかね。

「兜割り」ならぬ「甲板割り」爆弾で、
500mmまでの装甲は貫通可能です。
ヤマト級でも、アイオワ級でも貫きますよ。
2016/06/29(Wed) 13:07 | URL  | よね #-[ 編集]
よねさん、着弾終速マッハ5の奴の話とは違いますか?
2016/06/29(Wed) 21:12 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
わからないこと
本能寺の変もよくわからないし、9.11であのビルが倒壊したのもわからない。あんなに高いのだから事故で、ジェット機が衝突する可能性はあるから、そうならないように設計していたはず。だけど倒壊した。
フランス革命だって、なぜ起こったのかわからない。国の興亡、停滞、衰退などは原因が複雑系でよくわからない。日本経済の停滞だって、財界、自民党などはアメリカ仕込みの経済学であれこれやっているけど、やっぱりデフレは続く。ブードゥー経済学らしい。
最新鋭の軍艦が航空機で沈没させられたから、衰退の引き金になった?武田先生も、風が吹けば桶屋が儲かるみたいなことを仰る。
中国経済の衰退を予想したり希望してもわからないのだ。WHO KNOWS?神のみぞ知る。で、ワタシは投資は「待つ」を信条としている。
2016/06/30(Thu) 03:31 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
原理は、おおげさではないです。
爆弾や砲弾の爆薬を凹型に詰め、薄い銅板を貼ります。
そうしますと、爆発すると、銅が2000℃以上の液体となって、
鋼鉄をも貫通します。
正式名称を「成形炸薬弾」といいまして、史実でも
歩兵が携行する対戦車兵器として、2次大戦末期に登場します。
今でもゲリラのおじさんが持っているロケット弾が
TVで映りますから、オヤジさんも目にしたことがあるはず。
弾頭の直径の2倍の鋼鉄を貫通します。
500kg爆弾の直径が300mmぐらいですから、
戦艦の装甲をも貫通できるわけです。
2次大戦後は戦艦自体がなくなったので、実現はしませんでしたがね。
現代では、戦車には積まれていますよ。
戦車の方は、「成形炸薬弾」対策として、
装甲の一部が爆発して、液体金属をそらすという
「爆発装甲」を組み込むのが一般的になりました。
2016/06/30(Thu) 12:07 | URL  | よね #-[ 編集]
冬水さん、私は、よく解らないかもしれませんが、うすぼんやりと判ります。ずーっとそんな調子ですがまあ良いと思っております。よねさん、そんな原理がある事は全く知りませんでした。瞬間的な2000℃って、そんな力があるんですな?しかし、マニアの域を超えていらっしゃるような気がしますが・・。
2016/06/30(Thu) 12:14 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック