自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 戦後一番関係が改善していたのは、「韓流」なんて言葉がでまわって、なんだか同じ顔をしてやたらスタイルの良い娘っ子どもがケツを振りながら歌っているのが、何やらヒットしていたらしいあの頃だったのかな。

 韓国の前大統領が、国内の政府批判をかわすために竹島に上陸したとたんに、ずるずると悪化して来た様な報道があるよな。

 ま、その前から反日国是で、子供たちに反日教育を施し、何が何でも自国優位のファンタジーを繰り広げて来た訳だから、たまたま竹島に行ったのがきっかけだったんだけど、ずーっと関係悪化の種は芽を吹いていたんだよ。

 今の様な雰囲気になったのは必然なんだ。

 あのサッカーのワールドカップの共同開催の時だって、私の脳内にはつねに「?」が巡っていた。
 「日本は悪い事をした」から、韓国人には良くしてやらなければ・・なんて言う贖罪意識も当時は確かにあったにせよだ。
 その後、そうやって付き合えば付き合うほど、あの国の人間は、あまりにも日本人とは違っている事がはっきり判って来たんだ。
 そして、後戻りは絶対できない所まで来てしまった。

 あくまで厚顔な韓国は、国際法を徹底的に無視し、竹島の不法占拠を続けているが、更にそれを強化しようと国会議員を上陸させようとしている。
 これ以上事を構えると、どうなるか?
 こんどこそ日本側の姿勢をはっきり見せる時が来た。

 韓国議員ら15日に竹島上陸へ 「韓国領土を守る意志を伝える」 日韓関係への波紋必至
 http://www.sankei.com/world/news/160813/wor1608130046-n1.html




腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/08/14 09:08】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック