自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 財務省や、そこからのみ情報を得て発信する大新聞等が、ずーっと垂れ流して来た嘘が、政府の大借金の大きな原因は公共事業ダーってやつね。

 実際は、公共事業を減らし続けてきたために、失われた20年みたいな経済が拡大しないデフレ経済状態が長々続いたのだ。
 (ただし、諸悪の根源の代表のように言われた「グリーンピア」なんてのがあって、そこが天下りの巣窟だったりしたのは痛かったですな、それですべて公共事業ガーってなったのね。この根は深いのよ)

 需要が無い需要が無い・・と言われながら、教育や公共福祉、社会資本整備など行政が関わらなくてはならない物の世界には、もう限界を超えるような物ばかりで早々に「更新」しなければならないという「需要」が山盛りになっている。
 これをこなして行くのが「財政出動」なんだな。
 
 そして、それが民間に還流して行き、デフレ経済の終了・・となる。

 だから、緊縮財政とか、プライマリーバランスとか、財政規律とか言っている次元じゃないんだよ!!

 って話。

 




【2016/08/17 08:43】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック