自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 「北朝鮮による拉致が怖いから近所に在日朝鮮韓国人が住んでいるのは大問題だ」
 「米軍族が強姦事件を起こしたから近所に米軍基地があるのは大問題だ」

 何が違うんでしょうか?

 どこがヘイトでなくて、どこがヘイトなんでしょうか?

 西田昌司は、私は支持していたんですが、劣化ヘイト法には正直がっかりしました。
 氏は、桜井誠氏らが必死で訴えていた、実際に存在する在日の特権と、在日に気を使いすぎる日本社会を利用し、陰に日に利得をむさぼる在日の実態を知らな過ぎましたね。
 しらない~と感じるのは、かつての在日の傀儡政権である民主党に対しての強烈な突込みがあったからです。
 本当に、在日側に加担するような人物であれば、あれほどの追及は無いと思えるからです。

 それとも、その後与党になってから、氏を変節させる何かがあったのか?
 いずれ何かが判って来るのかもしれません。

 しかし、成立してしまったヘイトスピーチ規制法?は、でたらめな法律なんだと言う証明のような記事です。

 辛坊治郎氏が激怒。米軍への「ヘイト」にしか見えぬ朝日新聞の投書欄
 http://news.livedoor.com/article/detail/11915099/


 明らかにおかしすぎる朝日新聞と、口は軽いが、正論をしっかり言える辛坊治郎。
 (故中川昭一金融担当大臣に対する酷すぎる言いぐさは決して忘れないが・・)

 これは、保存版です。

 ワインに薬を入れた故中川昭一金融大臣抹殺の実行犯

 http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1431.html

 追悼 中川昭一と辛坊発言
 




【2016/08/21 12:47】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック