FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 どう見ても、外貨準備高世界一の中国の経済バブル崩壊は対岸の火事ではない。
 残念ながら、それは紛れもない事実だろう。
 それは、第二位の外貨準備高を持っていながら、なにやらもたもたしている日本にとって見れば、はたして「中国はどうするのぉ~。」テキな、良く言えば客観的、悪く言えば自主的には何もできないナサケナイ日本が見て取れる。

 まあ、日本はIMFに10兆円拠出した辺りが精一杯だし、ドル建てでもともと使い道の乏しい金だからもっとも有効な使い方らしいですね。

 ポスト中国として最も注目されるインドが新年早々あの有様だもんね。
 世界の投資家は投資先を探しあぐねているんでしょうか。
 日本のノーベル賞を代表とする科学開発事業につぎ込んで欲しい物ですねぇ。

 

 引用です。

金融危機でブレーキ、中国経済の行方は?<1/3 2:18>

 今年、建国から60年を迎える中国は、「世界の工場」として高成長を続けてきた経済が、金融危機で大転換を迫られている。その波にのみ込まれる日系企業、中国経済について、山川友基記者が報告。
 金融危機は、経済成長のシンボルである広東省深センでも猛威を振るっている。「安い製品を海外に大量輸出する」という成功モデルに急ブレーキが掛かり、新年を迎えた日系企業も苦境に立たされている。日系企業が集まる「深センテクノセンター」の佐藤征洋社長は「(去年)9月以降で、40~50%くらいの生産ダウン(があるのではないかと思う)。従業員も4000人以上いたのに、今は3000人を切っている」と話した。

 中国政府は去年、5回の利下げで景気にカンフル剤を打ったが、株式市場は1年間で70%以上下落したままだ。このため、今年は経済の構造を大転換しようとしている。57兆円に及ぶ巨額の景気刺激策を発動した狙いは、これまでの「輸出依存型」から「内需拡大型」にかじを切ろうという挑戦だ。「三井住友銀行」企業調査部・薗田直孝グループ長は「これまで中国は外貨をしっかり稼いできたので、2兆ドルに迫る膨大な外貨準備高を積み上げている。(中国には)大きな国土と人口を背景として、成長パターンを構築する余力がある」と話す。

 しかし、焦点となる雇用問題は困難に直面している。2億人とも言われる内陸部出身の「出稼ぎ農民」たちの中に、金融危機で職を失ったまま、故郷に帰る人が増え続けている。胡錦濤国家主席も「雇用は非常に厳しくなる」と危機感を見せ、社会不安につながりかねないこの問題は深刻化している。

 多くの日系企業は、雇用の削減を余儀なくされているが、故郷の家族を支える労働者との交渉は簡単ではない。佐藤氏は「とにかく仕事をして、(金を)もうけて、自分の故郷に送りたいという人たちは、収入を絶対に減らしたくない。(そういう人に)我々が理詰めで話をしてもなかなか通らない。そこが一番つらいところ」と語った。

 内陸部の開発をテコに政府が目指す8%の経済成長は、雇用を維持する最低ラインとも言われ、景気対策は「時間との競争」を迫られている。薗田氏は「『世界の工場』として中国がまた元気になるためには、モノがたくさん作れる環境に戻していかなければならない。すなわち、生産調整であり、在庫調整の適正化ということ。09年の後半まで待たねばならない可能性も(あるのではないか)」と話した。

 建国60年を迎えた今年、経済の失速は国の体制への不満として跳ね返ってくるだけに、中国政府は強力な政治介入で、成長の維持と危機の克服を目指すことになりそうだ。

★深センの「セン」は土へんに「川

【2009/01/03 15:58】 | 時事
トラックバック(0) |


duca-me
日本の手腕が試されるときですねぇ。>世界第2位の経済大国として
ただ、日本周辺の3国は日本を憎んだり、忠告を聞かなかったりしますからねぇ(爆)


おっさん
本当に日本の外交感覚は手ぬるいように見えます。
今回の「中国の掟破り」を見ても、今までのやり方ではダメだって事が判りますよね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日本の手腕が試されるときですねぇ。>世界第2位の経済大国として
ただ、日本周辺の3国は日本を憎んだり、忠告を聞かなかったりしますからねぇ(爆)
2009/01/04(Sun) 01:39 | URL  | duca-me #-[ 編集]
本当に日本の外交感覚は手ぬるいように見えます。
今回の「中国の掟破り」を見ても、今までのやり方ではダメだって事が判りますよね。
2009/01/04(Sun) 10:49 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック