FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 数年前汲み取り式からウォシュレットに改築し、すこぶる居心地のよくなった我が事務所のトイレでは、長年かけて溜め込んだ漫画本の読み返しが、ストレス解消にものすごく役に立っている。
 (スンマセン、正月早々トイレの話で。でもぜんぜん臭くないんですよ。)

 約5千冊はあるかと思う我が蔵書は、バラエティーに富んでいて、何年も飽きさせはしないだろうと思っている。
 最近の読み返しは、あのサラリーマン経験を経て漫画家になったと言う弘兼憲史氏の最高傑作「島耕作」シリーズだ。
 ちょうどバブル崩壊後、現在よりはちょっとマシかも知れないが一気に不景気になり、日本がデフレ経済に突入する頃部長になった島耕作が、社内抗争のあおりから九州に左遷になってしまった。
 そこでは専務だったが、やる気のない社長に取って代わり、九州の販売会社を立て直すと言うストーリーなんだが、興味深い一こまがあった。

shima

 「家族的経営」・・最近はその正反対の人を人扱いしない派遣社員の首切りが暮れからトップニュースになっているが、それによって最も怖いのは社内の空気が悪化して行く事だ。
 「明日はわが身」のストレスは精神衛生上最悪の状態を生む。
 そんな事で奮起し、絶対その仲間にはなりたくない、なーんてのは会社隆盛のモチベーションとしては、決して正しくないものだ。

 グローバリズムの急速な浸透から、日本は最も日本人らしい労働意欲を失おうとしている事に、経営者は早く気付くべきだと強く思うし、戦後、昭和の経済発展は大企業であろうが正にこの「家族的経営」感覚が一翼を担っていた事を思い出すべきだ。
 

【2009/01/03 17:29】 | 日々是好日
トラックバック(0) |


duca-me
元派遣でバブル崩壊時も首切りにあうことなく現在転職して正社員の自分が来ましたよ(笑)
派遣って、「高品質のサービスを低価格で提供する」と教えられていたので、今回の派遣切りは最初は切られた側に同情的だったんですが、TVから流れる彼らの話を聞いているうちに「?」になってます(爆)
職安には求人が42万件以上あるんですよね。
で、それらの中で自分の条件に出来るだけ合うものをひと時の糧としてたら日比谷公園で野宿しなくてもすみそうなんですが・・・(゜_。)ワカンナイ


おっさん
えーduca-meさん、すごい経歴ですね。
うちの娘も派遣から一部上場企業に正社員採用になりました。(去年の暮れ、ぎりぎりセーフ)
契約打ち切りの人たちは確かに気の毒な部分も多いですが、やっぱりそういうルールだったし、最初の頃は「縛られるのは嫌」って言っていましたからねぇ。


duca-me
( ・ω・)つttp://www.hellowork.go.jp/

「ただいまの求人総数は347902件です。(2009/1/5更新)」


おっさん
派遣村の批判が批判されていましたがね・・。
仕事なんて好き嫌い言わなけりゃいくらでもあります。(経験者談)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
元派遣でバブル崩壊時も首切りにあうことなく現在転職して正社員の自分が来ましたよ(笑)
派遣って、「高品質のサービスを低価格で提供する」と教えられていたので、今回の派遣切りは最初は切られた側に同情的だったんですが、TVから流れる彼らの話を聞いているうちに「?」になってます(爆)
職安には求人が42万件以上あるんですよね。
で、それらの中で自分の条件に出来るだけ合うものをひと時の糧としてたら日比谷公園で野宿しなくてもすみそうなんですが・・・(゜_。)ワカンナイ
2009/01/04(Sun) 01:52 | URL  | duca-me #-[ 編集]
えーduca-meさん、すごい経歴ですね。
うちの娘も派遣から一部上場企業に正社員採用になりました。(去年の暮れ、ぎりぎりセーフ)
契約打ち切りの人たちは確かに気の毒な部分も多いですが、やっぱりそういうルールだったし、最初の頃は「縛られるのは嫌」って言っていましたからねぇ。
2009/01/04(Sun) 10:47 | URL  | おっさん #-[ 編集]
( ・ω・)つttp://www.hellowork.go.jp/

「ただいまの求人総数は347902件です。(2009/1/5更新)」
2009/01/05(Mon) 15:26 | URL  | duca-me #-[ 編集]
派遣村の批判が批判されていましたがね・・。
仕事なんて好き嫌い言わなけりゃいくらでもあります。(経験者談)
2009/01/06(Tue) 09:00 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック