自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 まあね、歴代党首全部だめだよな。
 菅直人は増税して政府の財政が豊かになると世の中が不景気になるという事がどうしても理解できなかったらしい。
 そういういわゆる一般家庭並みの感覚がずーっと続いているから野田は増税を言い出すし、岡田は財政規律にこだわる訳なんだよな。

 経世済民とかまるで解っちゃいないし、経済を拡大しなければ分捕り合いになる。←イマココ
 拡大するためには、個人か企業または行政のいずれかが借金をしなければならないという事なんて全然解っちゃいない。
 他には海外からの投資ってぇのもあるけど諸刃の剣だしな。

 民間及び企業は、経済の膨らんだ分を貯め込んでいるんだけど、その総額は1500兆円とかになるのでしょうね。
 その金はなかなか市井には出回らないよな。
 よって、貯蓄や内部留保は経済を縮小させる事になる。
 担保にして借金すれば良いのだが。

 だから国債買ってもらって色々やって来たけど、やっぱり行政系の資産になっちまった。

 財務省とかはやっぱり狭い料簡で動いているんだろうなー。
 で、優秀な頭で政治家をたぶらかして、自分達の良い様にしてしまっている。←イマココ

 それを何とかしようとしている(財政出動)のが今の政府なんだがなー。

 【日本の解き方】民進党代表候補の経済政策 誰が勝っても期待はできない
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160909/dms1609090830008-n1.htm



腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/09/09 09:24】 | 反民進
トラックバック(0) |

誰がやっても駄目
冬水
別に民進党に限らない。安倍黒も失敗している。で、目先を変えるため「地方創生」とか「女性が活躍する社会」とか。またまた「働き方を変える」とか言い出した。弁舌はさわやかなのだ。きっと総理の舌の遺伝子を仙台牛に埋め込めば、牛タンが2、3倍獲れる。
まあ、今の40代半ばから50代の経営幹部が退場するまでデフレは続く。富の楽しみを自分たちのみで味わう世代だ。
中国共産党は日本の発展を徹底的に研究した。そして経営層が富の楽しみを従業員と共有していることを知った。だから飛行機をチャーターした巨大な社員旅行をしている。爆買いにくる中小企業の経営者も目薬や胃薬、化粧品などを大量に購入。あれは社員へのお土産だろう。
予測が大切。NHKはいずれ消滅する。電力会社は規模が小さくなるとか。蛙飛びで発展するチャイナを見れば予測ができる。電話なしから固定電話を飛ばして携帯になったように。


ヤマ親爺
冬水さんとはだいぶ考え方が違いますな。まあそれでいいと思いますが、中国の電話無しから~の件は、決して蛙飛びではありません。通信インフラのコストの違いからそうなった物であって必然です。あの広さを考えれば当たり前の事なんですがねぇ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
誰がやっても駄目
別に民進党に限らない。安倍黒も失敗している。で、目先を変えるため「地方創生」とか「女性が活躍する社会」とか。またまた「働き方を変える」とか言い出した。弁舌はさわやかなのだ。きっと総理の舌の遺伝子を仙台牛に埋め込めば、牛タンが2、3倍獲れる。
まあ、今の40代半ばから50代の経営幹部が退場するまでデフレは続く。富の楽しみを自分たちのみで味わう世代だ。
中国共産党は日本の発展を徹底的に研究した。そして経営層が富の楽しみを従業員と共有していることを知った。だから飛行機をチャーターした巨大な社員旅行をしている。爆買いにくる中小企業の経営者も目薬や胃薬、化粧品などを大量に購入。あれは社員へのお土産だろう。
予測が大切。NHKはいずれ消滅する。電力会社は規模が小さくなるとか。蛙飛びで発展するチャイナを見れば予測ができる。電話なしから固定電話を飛ばして携帯になったように。
2016/09/10(Sat) 03:35 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
冬水さんとはだいぶ考え方が違いますな。まあそれでいいと思いますが、中国の電話無しから~の件は、決して蛙飛びではありません。通信インフラのコストの違いからそうなった物であって必然です。あの広さを考えれば当たり前の事なんですがねぇ。
2016/09/10(Sat) 08:05 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック