FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 コーヒー好きです。
 正しくは「でした。」です。
 昔は(20年ぐらい前)は、豆を挽いて、ドリップで一杯ずつ・・なんて世界でしたが、最近特に会社にしてからと言うもの、頂き物もインスタントが多い物でして、もっぱらそれを消化しております。
 圧倒的にネッスルは美味しいですね。
 他の追随を許しません。
 最近コーヒー豆のモカが使用農薬が原因で全く輸入できなくなったとか。
 何のかんの言っても、モカが一番のベースですから、業界は大変でしょうね。

 そんなニュースがあったかと思えば、コーヒーカップの名門ウェッジウッドがなんと倒産の危機。
 国産では大倉陶園、ノリタケ、香蘭社。
 海外では、ウェッジウッド、ジノリ、マイセン、ロイヤルコペンハーゲン等が好きで、棚に入っていますが、そのウェッジウッドがなくなるかも知れないとは、ちょっと寂しいですねぇー。
ww

 引用です。

 ウェッジウッド経営破綻、中国製品との競争に…


創業者から直系8代目、トム・ウェッジウッド氏の表情は自信にあふれていたが…(クリックで拡大) 結婚式の引き出物などとしてお馴染みの英高級洋食器「ウェッジウッド」で知られる大手陶磁器メーカー、ウォーターフォード・ウェッジウッド(本社・アイルランド)が6日までに、事実上経営破綻した。日本など海外にある小売店は営業を継続するというが、祝いの贈り物に選ばれ続けるのか、先行きは不透明だ。

 同社は世界的な景気悪化や安価な陶器に顧客を奪われたことで主力市場の日米英で販売が落ち込み、経営不振が続いていた。昨年12月には主要取引銀行が融資の継続で支援をしたが、結局、立て直せなかった。今後、管財人の下でスポンサー企業探しを急ぐ。

 ウェッジウッドは1759年、英国陶工の父といわれるジョサイア・ウェッジウッドが創業。英国王室御用達の「女王の陶器」として世界に広まり、愛好家が多い。ただ、高級志向の顧客に限定されるため経営は不安定で、1986年にアイルランドのクリスタルガラスメーカー「ウォーターフォード」が買収。最近では中国製品との価格競争に追われ、主要な生産拠点を英国からインドネシアに移していた。

 同社の全世界の売り上げの1割は、日本を中心とする極東での販売という。日本でも高級ブランドとして有名で、特に結婚式の引き出物として人気があった。都内のギフト店では引き出物には8000円前後の装飾皿セット、3500-5000円でペアのティーカップやワイングラスが売れ筋という。業界関係者は「経営破綻によるイメージダウンは免れず、引き出物としての販売に影響が及ぶのは必至」と話しているが…。

ZAKZAK 2009/01/06

【2009/01/07 13:35】 | 時事
トラックバック(0) |


duca-me
もったいない・・・(-_-;)>いいもの作ってるのに
鉛が混じってそうでほしいとは思わないんですが・・・(^^;)>ちうごく製


おっさん
なんか「世界の工場」のおかげで、全世界のクオリティーが低下?したような気がしますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
もったいない・・・(-_-;)>いいもの作ってるのに
鉛が混じってそうでほしいとは思わないんですが・・・(^^;)>ちうごく製
2009/01/07(Wed) 17:29 | URL  | duca-me #-[ 編集]
なんか「世界の工場」のおかげで、全世界のクオリティーが低下?したような気がしますね。
2009/01/08(Thu) 14:06 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック