自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 正直な話、彼の作品の中で例えば「台湾論」は、私自身の歴史観にとってもすごく重要な位置を占める。
 さらにそれに続く「戦争論」なども非常に感銘を受けた作品の一つである。

 しかし、彼自身は持ち前の軽々しい性格がそうさせるのか、AKB48に夢中になったり、あろうことか、私らが忌み嫌うパチンコ業界に自分のキャラクターを身売りしてしまい、保守層から総スカンを食らってしまう。
 天皇に対しての想いも作品から強く伝わって来るが、男系論に対しては奇妙なロジックに基づく反論を示し、チャンネル桜の水島氏などとは一線を画すようになってしまっている。

 そのような氏であるが、決して思考停止にならず、強い探求心に基づく様々な取り組みには思想を超えて驚嘆し、その作品には敬意を示すものである。

 特に、日本の近現代史においては、しっかりとした日本人としての魂に通じ、しかも事実に基づく考え方というものがほとんど伝わっていない今、このような、世界で最も訴求力を持つ米国由来の動画から彼のオリジナルの作品を発信していることは、まさに痛快であると思った。

 
 
 

 すべてが正しいとは思わないが、歴代の日本史教科書よりははるかに良い。




腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/12/10 09:12】 | がんばれ保守
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック