自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 だってねぇ、個人や企業ならいざ知らず、国(政府)って、いつまで借金返せばいいの??
 そんなの誰も答えられないでしょうな。
 はっきり言えばいつでもいいんですよ。
 単年度決算もろくすっぽやらない、貸借対照表も無視する財務省が何を言ってんですかってぇ話です。

 まあね、「わにの口」状に開きっぱなしの歳入と支出のグラフを見れば支出を抑えたくなる気持ちは分からんでもないんですが、支出して景気を刺激する事によって、歳入を増やすほうがはるかにカッコいいし、理にかなっている事になんで頭の良い連中は気が付かないんでしょうかねぇ。

 ま、省益と天下りの事ばっかり考えているからそんな風になっちまうんでしょうな。


 財政再建至上主義という病 不況に強く好況に弱い官僚、まず既得権の天下り削減を
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161216/dms1612160830006-n1.htm




腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2016/12/16 10:33】 | 経済
トラックバック(0) |

できないでしょう
冬水
信用創造により政府紙幣の発行をすればできます。信用の源泉は、ケネディは銀、アメリカは金はさほど採れないが銀は豊富です。カダフィは石油。どちらも殺されていますから、指導者を守るべき諜報組織も核もない国では無理です。
日本の場合、何を信用の根拠にするかがわかりませんが。
国債の発行では日銀の破綻、財政破綻で国民に預金削減などを強います。福一事故で国民に負担させる規模をはるかに超える負担を強います。


ヤマ親爺
冬水さんのおっしゃるような概念が蔓延しているのが日本の停滞を招いているってぇ事ですな。もしそうだとしたら、ここまで発行してきた国債も説明が付きませんし、急激に国債の買取を進める日銀の動きも説明できないでしょう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
できないでしょう
信用創造により政府紙幣の発行をすればできます。信用の源泉は、ケネディは銀、アメリカは金はさほど採れないが銀は豊富です。カダフィは石油。どちらも殺されていますから、指導者を守るべき諜報組織も核もない国では無理です。
日本の場合、何を信用の根拠にするかがわかりませんが。
国債の発行では日銀の破綻、財政破綻で国民に預金削減などを強います。福一事故で国民に負担させる規模をはるかに超える負担を強います。
2016/12/17(Sat) 03:21 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
冬水さんのおっしゃるような概念が蔓延しているのが日本の停滞を招いているってぇ事ですな。もしそうだとしたら、ここまで発行してきた国債も説明が付きませんし、急激に国債の買取を進める日銀の動きも説明できないでしょう。
2016/12/17(Sat) 08:13 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック