自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 東西冷戦後、米国の圧倒的な強さの経済と軍事力によって保たれていた世界秩序が、ブッシュの世界戦略のミスとオバマのヘタレ平和主義のおかげで大きく狂ってきた。
 付け加えれば、粗製乱造のくせに世界の工場的存在になってしまった中国が、世界から集めた投資から得る国益によって膨らます似非経済と、似非軍事力がその狂いに拍車をかけている。

 リアルにぶつかれば、本物と偽物の区別は一瞬で明確になってしまうはずなのだが、リアルに事が起きると、その後の後始末が大変なのでなかなか起きえない。

 似非軍事力の象徴、「カジノ」になるはずだったウクライナのおんぼろ空母が、なぜか中国初の航空母艦になって、いよいよ西太平洋に出張るという。
 
 海自が中国空母を東シナ海で確認 「日本近海を通り西太平洋に向かう可能性」
 http://www.sankei.com/world/photos/161225/wor1612250011-p4.html
 
 写真だけ見ると実にいっちょ前なんだがね。
 imgout.jpg

 いくら似非でもそれを証明する術って、実際にやり合うしかないんだもんな。
 そして例えそんな似非でも、国家的な影響力は間違いなく上昇する。

 だから日本も、いくら非戦を標榜するとしても、それ相応の力は不可欠だ。

 しかし、世界の武器の輸出入の流れって、政府とかになるとちゃんと把握してんのかねぇ。
 ま、安倍さんのこったから、心配無用だと思いますがね。

 中国の戦艦だろうが空母だろうが、日本のコレには全く歯が立たないと聞くが・・。

 【海上自衛隊】中国に痛烈なメッセージ!練習潜水艦「おやしお」をに南シナ海へ派遣!中国海軍は海上自衛隊に勝てない!何故「おやしお」の派遣が中国に痛烈なメッセージとなるのか!?
 

 「備えあれば憂いなし」
 防衛費は過去最大とはいえ微増。

 ますます重要になる米ロ外交という事だな。(中国は聞く耳持たずだもんね)



【2016/12/25 10:43】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック