自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 いよいよ外交巧者の安倍総理の、今年の締めくくりの様な真珠湾訪問は、先のオバマ大統領の広島訪問や、トランプとの電撃会談、プーチンとの総理の古郷での会談の締めくくりの様なイベントだった。

 考え方として、「真珠湾を広島と同列に捉えるな」というものがある。
 真珠湾はあくまで戦争行為だが、広島・長崎は(ついでに日本各地で行われた無差別空爆も)完全に交際法違反の犯罪行為なんだけど、それらを超越して、当事者国同士で謝罪も賠償も無しの和解を、欧米ではドレスデン和解と呼ぶそうだが、どうやらアジアとしては初めてのそれにあたるようになり、それって、しっかり、今ずーっと謝罪と賠償を求めてもめ続けている中韓も睨んだ格好になったんだな。

 おいおい、中韓よ、おまいらももうちっと民度を上げなよ。(そうしないと誰も相手にしなくなるぜ)ってね。

 そうじゃないと前に進めないもんね。

 北方領土もそうだよな。
 帰属や、主権にこだわり続ける限り、ちっとも前に進めない。
 
 それよりも人的交流を進め、投資や融資による経済の活性化さえ進めれば、少なくとも中国共産党みたいな相手じゃない限り、ウインウインの関係で前に進め、交流が深まってから領土の話すりゃいい・・って、高橋氏の良い話。


 

 内政にはやや不満もあるけど、他にいないし、長期安定政権ってやっぱり良いなと思うから、安倍さん支持は続きます。



【2016/12/28 12:13】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック