自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 トランプ氏が何者なのかはまだまだよく分かりません。
 でも、少なくとも偽善的とも思えるヘタレオバマや、チャイナマネーで永遠と潤っていたヒラリーよりは随分とまとも?なのかなと私は思っている。(ていうか、思うようになって来た。選挙演説そのまんまじゃ大馬鹿のまんまだ)

 現実に、トランプ相場はしっかりと高値安定を保っている。
 (そのうち、利益確定のために大暴落?もありなのか??)

 しかし、これは本物だ。

 得体がしれないけど、凋落はなはだしい事だけは確かな中国経済を見る限り、あの国は今後目覚ましい発展は望めず、少しでも立ち直りの方向に向くとすれば、間違いなく「民主化」後であることは間違いない。

 その民主化の起爆剤にになるのが、香港の動きと、そしてこの台湾の動きだ。

 台湾・蔡総統が異例の中国批判「圧力を加え、威嚇・恫喝する古い路線に戻っている」 
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170101/frn1701011000002-n1.htm

 見出しに「異例」とあるように、最近までは台湾ですら「一つの中国」を容認する形で自治を続けてきたが、全く民主化していない大陸と、しっかり選挙によって国家のリーダーを選んでいる台湾が、一つの中国であるわけがない。

 そのきっかけは間違いなくトランプ氏だ。

 【米政権交代】トランプ氏、「一つの中国」政策終わりを示唆
 http://www.bbc.com/japanese/38285280

 ただし相当時間はかかるでしょうな。
 しかし、時間はかかっても、この辺が導火線の着火点である事は事実だ。(と思いたい)
 そして中国はソ連が分割して東欧の各国とロシアになったように、平和的な極東のいくつかの民族国家になる。(かな~~?)




【2017/01/02 09:09】 | 外交
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック