自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 上念氏が浜矩子を語ると実に面白い。
 てか、浜矩子の唱えていることが、もう痛々しいレベルで面白い。
 これだけ見てもどんだけ面白いか分かるってぇ物。

 2c0d544e.jpg

 ちなみに2015年はこれだ。

 61t0P6ZlL3L.jpg

 2016も同じ共著でこれだもんね。

 61Q1buDkM.jpg


 この表紙を見たって分かるように、確かに大きな景気回復にはなっていないが、表紙の文言のような状況にはどう解釈したってなっていないよな。
 表紙だけででたらめ本だという事が判ってしまうって・・www。
 こんな本が売れているのもばかばかしいが、こんな本を書く人物がエコノミストと称して、メディアに登場して金を稼いでいることが不思議でしょうがない。しかも大学教授だってんだから大笑いだ。
 (ま、テレビでは怖いもの見たさってぇのもあるけどねw)

 あんまり当たらないもんだから、最後の手段に出た模様。

 どアホノミクスへ「最後の通告」=浜矩子
 http://mainichibooks.com/sundaymainichi/society/2016/10/23/post-1176.html

 相手を変えて、まだやっている。

 怖い物読みたさの方どうぞ。
 

 上念氏もネタがあって楽しそう。

 


 


腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2017/01/02 12:16】 | 経済
トラックバック(0) |

おめでとうございます
冬水
経済は非線形の現象ですから誰も予想が当たりにくいのです。だからエコノミストには誰でもなれます。八卦みたいなものですから。自動車販売数2570万台、20%増の中国が経済崩壊し,497万台で7%減の日本がうまくいくと言われるとちょっと、首をかしげますが、それでも、マダガスカルの蝶が羽ばたくとバングラをサイクロンが襲うという非線形の事象ですから中国経済崩壊もあり得ない話ではないでしょう。もちろん、アメリカも日本も経済崩壊がありえます。
蝶の羽ばたきとしてはアムール川鉄橋の完成とプノンペンでの560mのツゥインタワーに注目しています。旧満州に五族協和の国を作ることを提唱した人はだれか知りませんが天才的な地勢勘の持ち主。あそこはアメリカ合衆国並みの経済圏になれる。そのことを恐れたからこそアメリカは日本に戦争を吹っ掛けたのでしょう。その地域がどう発展するか、羽ばたきの結果を見ていきます。プノンペンでの超高層ビルも羽ばたきを起こします。ベトナム、ラオス、ミャンマーが動揺します。あの貧乏国家が豊かになるのかと。


ヤマ親爺
おめでとうござあいます。
今年もよろしくお願いいたします。
今朝の朝食の時の話題は、偶然にも「中国は民主化によって崩壊し、分裂するが、もっとも豊かになるのは旧満州である東北部で、そこならまだまだ世界の投資は期待できる」というような話でした。
中国のみならず、世界のリーダーは「内需」にもっと着目すべきだとも思うのですがねぇ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます
経済は非線形の現象ですから誰も予想が当たりにくいのです。だからエコノミストには誰でもなれます。八卦みたいなものですから。自動車販売数2570万台、20%増の中国が経済崩壊し,497万台で7%減の日本がうまくいくと言われるとちょっと、首をかしげますが、それでも、マダガスカルの蝶が羽ばたくとバングラをサイクロンが襲うという非線形の事象ですから中国経済崩壊もあり得ない話ではないでしょう。もちろん、アメリカも日本も経済崩壊がありえます。
蝶の羽ばたきとしてはアムール川鉄橋の完成とプノンペンでの560mのツゥインタワーに注目しています。旧満州に五族協和の国を作ることを提唱した人はだれか知りませんが天才的な地勢勘の持ち主。あそこはアメリカ合衆国並みの経済圏になれる。そのことを恐れたからこそアメリカは日本に戦争を吹っ掛けたのでしょう。その地域がどう発展するか、羽ばたきの結果を見ていきます。プノンペンでの超高層ビルも羽ばたきを起こします。ベトナム、ラオス、ミャンマーが動揺します。あの貧乏国家が豊かになるのかと。
2017/01/04(Wed) 04:07 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
おめでとうござあいます。
今年もよろしくお願いいたします。
今朝の朝食の時の話題は、偶然にも「中国は民主化によって崩壊し、分裂するが、もっとも豊かになるのは旧満州である東北部で、そこならまだまだ世界の投資は期待できる」というような話でした。
中国のみならず、世界のリーダーは「内需」にもっと着目すべきだとも思うのですがねぇ。
2017/01/04(Wed) 10:38 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック