自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 今、小国を除いて、世界で最も安定している国が日本なんだな。
 島国であり、長い歴史を持っている事と、その長い歴史を証明するがごとく国民の安定した大きな支持を持つ皇室を頂きながら、世界最強の軍隊を持つ米国と安全保障条約を結んでいる事、それから、高い教育に裏打ちされた優秀な技術力を持ち、更には持続的な内需エンジンを持っている‥等が、この国の安定に寄与する要因だと思う。

 ところが前記事で挙げたように、日々の暮らしの中に浸透したなかなか気づきにくい「世界の悪意」がずっと以前から存在し、じわじわと日本を蝕んでいる事を国民はもっと自覚しなければいけない。

 沖縄で基地反対を声高に叫んでいる、一見平和主義の、実は非常に危険な左翼思想にとらわれている人々も、もとはと言えば「世界の悪意」にオルグされてしまった人達なんだな。
 (そういう連中に言わせると、このような記事を書いている私らの様な人間こそ「危険思想」だという事になるようだが)

 ところが、巷のマスコミや教育の場に至っては、そういう考え方はまだまだ大多数だったりしている。

 そのようなヒダリ側の悪意もあれば、TPPに代表されるグローバリズムだって、見方を変えれば「世界の悪意」という事もできる。

 ことほど左様に、平和な日本の富を狙って様々な悪意が跳梁跋扈しているのが現実なんだな。

 こういう記事こそ、もっと知られるべきだと思うのだが。

 北朝鮮工作員が日本から長期不正輸出 シンガポールに迂回拠点 関係先を先月、家宅捜索
 http://www.sankei.com/affairs/news/170104/afr1701040003-n1.html

 
 これだってりっぱな悪意だ。

 ソウル大で学んだドイツ人青年が日本の大学で教える「正しい歴史認識」とは 下條正男・拓殖大教授
 http://www.sankei.com/west/news/170103/wst1701030002-n1.html

 昔から世界は悪に満ちていた。

 江戸幕府が鎖国をした本当の理由は南蛮人共が日本人を奴隷として海外に売り飛ばしていたのがバレたから
 http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4633858.html

 これも覚えておきたい事実だ。

 邦人多数虐殺「通州事件」 中国共産党の扇動判明 蜂起部隊に工作員接触
 http://www.sankei.com/world/news/170104/wor1701040025-n1.html

 国内の大きな悪意。

 村山富一の数ある悪意の中の一つ。
 https://twitter.com/ibjpn/status/816106093596188672



【2017/01/04 10:32】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック