自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 対中外交で、実に有意義に動く安倍総理の影響があるのかないのか、それともトランプ氏の思惑によって敵の敵は味方とばかり、自然に接近しつつある日米露をけん制するつもりなのが見え見えのおんぼろ空母の西太平洋進出なんだが。

 どんどんきな臭くなる世界の流れ
 http://hirotaka2235.blog35.fc2.com/blog-entry-5197.html

 トランプ氏がそれには激しく反応したらしい。

 トランプ氏、中国空母に鉄槌! 米国への挑発に猛反発必至 海上民兵の尖閣上陸もあり得る
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161227/frn1612271130003-n1.htm

 本当は中国の膨張主義が生む「きな臭さ」なんだが、あの国にその理屈は通じない。
 トランプ氏の反応に、更に再反発するのは必至だ。

 北朝鮮の工作員に良いようにやられちまって、世界の民主化の流れに大きく逆らう形になりつつある韓国も、旧西側国から見れば実に困ったちゃんで、あの国の次の大統領次第では、極東の地が発火点寸前のきな臭さになって行く。

 【回顧2016】共産主義体制へ舵を切った韓国 朝鮮近現代史研究所所長・松木國俊氏
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161227/dms1612271530009-n1.htm

 前記事で、「世界で最も安定している我が国」という話を書いたが、きな臭い周りがそんな我が国にちょっかいを出さないわけがない。

 平和ボケのわが国では、そんな世界の流れに対応する法整備ですらドタバタとしている始末だが、もし安倍政権じゃなくて、弱体政権が一年ごとに交代しているような状態だったらと思うとざわざわするよな。

 国内にも大きな火種を抱え、相当やばい状況になっている習近平は、その後表立っての動きを見せていないんだよな。
 トランプ氏の就任後は早々に首脳会談という運びになると思うのだが、近年まれにみる世界中が注目される首脳会談ということになるんだろう。


 空母遼寧と第七艦隊の話。

 


【2017/01/05 09:18】 | 外交
トラックバック(0) |

トランプさんは
冬水
まだ大統領ではありません。就任式までに亡くなるかもしれません。暗殺ではなくても、毎日が命日となる可能性がある年齢です。七十を過ぎれば、そんなものです。ふいに亡くなります。
また、無事、就任できても、現実と向き合って、言ってきたことを翻す可能性は大きいものです。
政治も非線形の現象ですから、変動要因が多すぎて予測してもあまり役に立たないでしょう。



ヤマ親爺
冬水さん、そんな実もふたもない様な事を言わないでください。このブログはそんなのばっかりで成り立っていますからね。当たっても外れてもそれなりに面白いと私は思っていますがねぇ・・。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
トランプさんは
まだ大統領ではありません。就任式までに亡くなるかもしれません。暗殺ではなくても、毎日が命日となる可能性がある年齢です。七十を過ぎれば、そんなものです。ふいに亡くなります。
また、無事、就任できても、現実と向き合って、言ってきたことを翻す可能性は大きいものです。
政治も非線形の現象ですから、変動要因が多すぎて予測してもあまり役に立たないでしょう。
2017/01/05(Thu) 13:24 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
冬水さん、そんな実もふたもない様な事を言わないでください。このブログはそんなのばっかりで成り立っていますからね。当たっても外れてもそれなりに面白いと私は思っていますがねぇ・・。
2017/01/05(Thu) 15:55 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック