自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 安倍さんはほぼ解っている。
 そして、財務省と戦っている。

 日銀は金融政策まではできるが財政政策には口を出せない。
 今の日本は財政出動をしなければ景気は絶対良くならない。
 経済は拡大しなければ分捕り合いになる。
 誰も借金しなくなれば経済は拡大しない。
 
 今借金しなければならないのは政府なんだが、当初予算は緊縮財政だ。
 経済の拡大を(景気回復を)自ら放棄した様な予算だ。
 その予算を組むのは財務省だが、内閣も財務省を完全に敵に回す訳にはいかない。
 財政均衡が喫緊の課題というが、財務省は景気拡大による税収の増よりも、あくまで増税しか念頭にない。
 よって、なかなか国債発行による経済拡大で、税収の増大を図るという手段になかなか踏み切れない。

 それなのにマスコミは簡単に「拡大予算だ、過去最高だ」と(借金だらけなのに)中身を精査せずに財政均衡でない様な書き方で政府批判をする論調だ。

 本来、教育に回す予算は税収からではなく、予算が無ければ借金してまでやるべきだし、将来を見越しての支出なので何も問題は無い。
 むしろ税収不足で教育予算をけちる方がよほど問題だ。

 あと、マスコミは税府の財政出動に対し、すぐに「土建屋の利権ガー」と、簡単にルサンチマン的な記事を書く。
 実際は、公共事業を減らすことによって、地方のセーフティーネットとも言うべき中小のゼネコンが衰退し激減、スーパーゼネコンが幅を利かせる格差社会を作り上げてしまった。
 これから人手不足により益々その傾向は強くなる。
 
 今、喫緊の課題はインフラのメンテナンスおよびリニューアルなんだが、このまま行くとまた橋梁やトンネルの崩落なんて事態が起きることになる。

 大変雑駁な書き方だが、私の意見も含まれてはいるが、だいたいこんな内容であり、この動画の内容が政策に反映することを切に願う。

 



【2017/01/08 10:10】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック