自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 中国経済がガタガタしている状態で、泣きっ面に蜂のごとくのトランプ政権の誕生だ。
 中国政府の内情もおそらく相当ガタガタしてきているに違いない。
 資本の海外流出が合法非合法を問わず痛いほど止まらない上に、大事な金融の裏付けとなる外貨準備高の目減りだな。
 そうなると、折から進めていたやり過ぎる腐敗防止策が裏目に出る事により、強烈な疑心暗鬼が生じる。

 良い時も悪い時も、個人でも国家でも、最後は人対人だ。

 人民解放軍がどう動くか?
 あの国の統帥権はどうなっているのか?
 一気にやばい方へ行くシナリオはどうなるのか?
 核弾頭ミサイルの発射スイッチは??
 
 なーんてね。
 お偉い人達はとっくに考えておられると思いますがね。
 
 ほんとにやばい状況になったときに、真っ先に駆け付けて危険を顧みず制圧に向かえる部隊って、世界中のどこにいます??

 沖縄の海兵隊なんだよね。
 そして、移動手段は滑走路のいらないオスプレイ。
 しかしその前に制空権を確保しなければならないのでF22やF35が絶対必要なんだな。
 だから空母も出張らなきゃならない。

 その時に日本はどうするのか?
 米国のバックアップだけで果たしていいのか?
 
 南・東シナ海にあふれ出る史上最大規模の難民船・・・。
 考えたくないよね。

 そんな話は国会でできる訳もなければ、正式な場所での翁長知事との話でもできる訳がないよな。
 (ま、そろそろやっても良いのかもしれませんがねw)

 【米中戦争】日本は最悪の事態に備えよ 長期戦なら米中両国の甚大な損害必至
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170207/frn1702071700003-n1.htm





腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2017/02/08 08:46】 | 外交
トラックバック(0) |

そういう事はないでしょう
冬水
アングロサクソンが世界の覇権を握ったというのは地勢の影響が強い。イギリスは陸上の国境を持たない国、アメリカは南北に国境はあるが弱小国。ゲルマン、ロシアが一歩、遅れたのはドイツの場合、西にフランスと言う強国、東にポーランドを挟んでロシアという強国と陸上で接したいたことが軍事費の重い負担となった。ロシアは西にドイツ、東に日本帝国、のちには中国がいた。そして通商が船で行われたので海軍に全力投球できる国が覇権を握ることになった。
この10年で起こった戦略上、重要なことは中露が国境を安定させたことである。経済的にも事実上の同盟関係となったことである。
世界史の転換はまたしても日本が行った。それは高速鉄道の中国への移転である。中国は高速鉄道の戦略上の重要性に気づき、これを持ってユーラシア大陸の経済圏を構想し始めた。これが一帯一路である。船による通商から陸上通商への転換が起こり始めている。
中国は近代の衰退を明の鎖国のせいだと認識している。そこで鄭和の時代を考え、インド洋を経てアフリカにも海のシルクロードを構想している。南シナ海からマダガスカルまで真珠の鎖構想をたてている。
こういう壮大な構想力を持つのが、世界史でほとんどの時代世界一か二の大国であった遺産である。
アメリカの衰退は、世界経済へのこういう構想力を持てなくなったせいである。


ヤマ親爺
先日も大爆発が起きましたね。
未曽有の大気汚染も含め、何よりも怖いのは原発事故です。
必ず起きる・・気がします。
内乱はなくともいずれ自滅・・のシナリオはまだまだあります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そういう事はないでしょう
アングロサクソンが世界の覇権を握ったというのは地勢の影響が強い。イギリスは陸上の国境を持たない国、アメリカは南北に国境はあるが弱小国。ゲルマン、ロシアが一歩、遅れたのはドイツの場合、西にフランスと言う強国、東にポーランドを挟んでロシアという強国と陸上で接したいたことが軍事費の重い負担となった。ロシアは西にドイツ、東に日本帝国、のちには中国がいた。そして通商が船で行われたので海軍に全力投球できる国が覇権を握ることになった。
この10年で起こった戦略上、重要なことは中露が国境を安定させたことである。経済的にも事実上の同盟関係となったことである。
世界史の転換はまたしても日本が行った。それは高速鉄道の中国への移転である。中国は高速鉄道の戦略上の重要性に気づき、これを持ってユーラシア大陸の経済圏を構想し始めた。これが一帯一路である。船による通商から陸上通商への転換が起こり始めている。
中国は近代の衰退を明の鎖国のせいだと認識している。そこで鄭和の時代を考え、インド洋を経てアフリカにも海のシルクロードを構想している。南シナ海からマダガスカルまで真珠の鎖構想をたてている。
こういう壮大な構想力を持つのが、世界史でほとんどの時代世界一か二の大国であった遺産である。
アメリカの衰退は、世界経済へのこういう構想力を持てなくなったせいである。
2017/02/10(Fri) 04:28 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
先日も大爆発が起きましたね。
未曽有の大気汚染も含め、何よりも怖いのは原発事故です。
必ず起きる・・気がします。
内乱はなくともいずれ自滅・・のシナリオはまだまだあります。
2017/02/10(Fri) 08:37 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック