自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 東京新聞のヘタレ謝罪ぶりこそ戦後の日本と大陸・半島の関係を象徴している。

 と書きましたが、かつては(昭和40年代後半あたりから特に顕著)日本のスタンダードだったんだな。
 とにかく日本は大陸・半島に対して悪いことをした、だから謝罪するのは当たり前、いや何を言われてもひたすら謝罪しなければならない・・ってね。
 辛淑玉なんか「殺されても殺さない」って平気で言い切るんだよな。

 

 それって、基本的人権から考えて果たしてどうなの?って聞きたいよね。
 
 これが、大陸・半島の日本に対しての基本姿勢です。
 この感覚からすべてスタートして、それにうかうかと(うきうきと)乗ってしまっているのがお花畑サヨクです。

 そして、そのスタンスで記事を書いているのが、朝日・毎日新聞であり、東京新聞です。(新潟日報もそう)

 その東京新聞がやらかしまして、不思議な存在の東京新聞副主幹長谷川幸洋氏と内紛が勃発です。

 東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと
 「事なかれ主義」を強く憂慮する

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50947

 しかし、なかなか正しい情報が発信されていません。

 簡単に書くと、東京新聞と全く関係はないのですが、たまたま副主幹の長谷川氏が司会を務めたテレビ番組『ニュース女子』の内容で、沖縄基地反対運動を支援する団体が存在する可能性を示し、交通費、日当を出しているらしい・・との部分に、実際の支援団体が記者会見を開き、激しく反論、それに対して、なぜか東京新聞が全国的に謝罪文を発表した。
 これに対して、長谷川氏が反発。 ☜いまここ

 で、そのニュース女子に反発した団体は、面白い様にどんどんと墓穴を掘り、北朝鮮系の在日が首領で日本の左翼系知識人がわんさかと加盟している団体だった事と、半島系在日にしっかり金を出して沖縄に送り込んでいるというような、おバカな話が全国民に知られることになってしまったというwww。

 その「ニュース女子」の制作側のスポンサーである、DHCの発表した内容がお見事!

 ニュース女子番組見解について
 
 https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/

 その「のりこえねっと」と称する団体の今の状況だが、言いたい事を好き勝手に言い続け、やるべき事はまったくやらず。
結局は自家毒に侵され身動きできなくなった今の韓国とよく似ていて、非常におかしい。

 


【2017/02/10 10:34】 | がんばれ保守
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック