FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 これはすごいニュースですね。
 保存版。
 しかし当日ニューヨークの気温はー五℃だったそうです。
 寒かったろうなー!(((( ;゜Д゜)))

 機長のとっさの判断は勲章物でしょうね。


NYハドソン川に旅客機墜落、乗客は全員無事
2009年 01月 16日 07:59

 [ニューヨーク 15日 ロイター] 米ニューヨークのハドソン川に15日、乗客150人強を乗せたUSエアウェイズ(LCC.N: 株価, 企業情報, レポート)機が墜落した。鳥の群れにぶつかったためとみられ、複数の治安当局者はテロではないとの見方を示した。航空当局は乗客が全員無事であることを確認した。

 国土安全保障省の広報官は「現時点で今回の事件が安全保障に関連した事件であることを示す情報はない。引き続き状況を注視しており、足元は人命救助・捜索が中心だ」と語った。別の当局者も墜落はテロ攻撃によるものではないとした。

 詳細はこちら。

NY1
NY2

 image2-1.jpg
 【ニューヨーク=長戸雅子】「ハドソン川の奇跡だ」。米ニューヨーク市マンハッタンのハドソン川に墜落したUSエアウェイズ機(1549便)の事故は乗員・乗客全員が無事救助され、大惨事を免れた。気温はこの冬一番の冷え込みといわれる氷点下にまで下がり、救助を待った乗客は恐怖の瞬間を振り返りながら冷静な対応に終始した機長の仕事ぶりを称賛した。

機長は経験豊富な米空軍パイロット
 ニューヨーク州のパターソン州知事は15日夜の記者会見で、「(映画の)『34丁目の奇跡』は知っていたが、ハドソン川にも奇跡があったようだ」と述べ、全員無事救助を喜んだ。

 ブルームバーグ市長は「機長の対応は見事だった」と述べ、機長が墜落後、2回にわたって機内を見回り、乗客全員の無事を確認して機外に脱出させたことを明らかにした。乗客は川に浮かんだ飛行機の翼の上に並んで救助を待ち、多くが凍える川に身をぬらすことなく済んだという。機体は事故から約1時間後に川底に沈んだ。

 乗客の1人は米メディアに、「離陸後間もなく、大きな音がして機体が揺れた」と証言。別の乗客も「離陸して3分後にエンジンに衝撃があり、機長から『衝撃に備えてください!』とアナウンスがあった。機長は本当に素晴らしい仕事をした」と述べた。
 目撃者によると、飛行機は急激にでなく、徐々に川に向かって降下し、着水の衝撃を抑えるため、機長が最大限の操縦をしていたこともうかがえる。

 男性乗客は米CNNテレビに、「機体がひっくり返ってばらばらになるのではないかと覚悟したが、そうならなかった。素晴らしい着水だった」と恐怖が安堵に変わった瞬間を語った。

 乗客4人を収容したニューヨーク市内の病院の関係者はCNNに、「低体温の症状があるが、それ以上のけがはない」としている。

 事故の原因は飛行機のエンジンが鳥を巻き込んだことが原因とみられるが、この問題を研究しているグループによると、1970年以後、同様の原因で5つの大型旅客機が重大事故に巻き込まれているという。

【NY旅客機事故】機長は経験豊富な米空軍パイロット
2009.1.16 10:39

このニュースのトピックス:米国

ハドソン川に不時着した旅客機。機長の冷静な判断が大惨事を防いだ(AP) ニューヨークのハドソン川で起きたUSエアウエイズ機の事故で、大惨事を防いだと称賛された機長はパイロットとして40年以上の経験を持ち、飛行時間1万9000時間以上というベテランだった。

 米ABCテレビ(電子版)などによると、奇跡を呼んだ機長は、チェスリー・B・サレンバーガー3世氏(57)。米空軍士官学校を卒業後、インディアナ州のパデュー大学と北コロラド大学で修士号を取得した。その後、米空軍でF-4戦闘機のパイロットを7年間務めたという。

 一方、サレンバーガー3世氏は、陸、海、空の事故を扱う米運輸安全委員会(NTSB)の事故調査に加わったこともあるほか、現在も航空会社操縦士協会で安全担当の委員長を務めている。(ニューヨーク支局)


追記を閉じる▲


人(_ _ )・・アリガタヤ 気に入って頂けましたらお願いします。にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村
にほんブログ村   q・・(゚Д゚ )ボチットナ
 【ニューヨーク=長戸雅子】「ハドソン川の奇跡だ」。米ニューヨーク市マンハッタンのハドソン川に墜落したUSエアウェイズ機(1549便)の事故は乗員・乗客全員が無事救助され、大惨事を免れた。気温はこの冬一番の冷え込みといわれる氷点下にまで下がり、救助を待った乗客は恐怖の瞬間を振り返りながら冷静な対応に終始した機長の仕事ぶりを称賛した。

機長は経験豊富な米空軍パイロット
 ニューヨーク州のパターソン州知事は15日夜の記者会見で、「(映画の)『34丁目の奇跡』は知っていたが、ハドソン川にも奇跡があったようだ」と述べ、全員無事救助を喜んだ。

 ブルームバーグ市長は「機長の対応は見事だった」と述べ、機長が墜落後、2回にわたって機内を見回り、乗客全員の無事を確認して機外に脱出させたことを明らかにした。乗客は川に浮かんだ飛行機の翼の上に並んで救助を待ち、多くが凍える川に身をぬらすことなく済んだという。機体は事故から約1時間後に川底に沈んだ。

 乗客の1人は米メディアに、「離陸後間もなく、大きな音がして機体が揺れた」と証言。別の乗客も「離陸して3分後にエンジンに衝撃があり、機長から『衝撃に備えてください!』とアナウンスがあった。機長は本当に素晴らしい仕事をした」と述べた。
 目撃者によると、飛行機は急激にでなく、徐々に川に向かって降下し、着水の衝撃を抑えるため、機長が最大限の操縦をしていたこともうかがえる。

 男性乗客は米CNNテレビに、「機体がひっくり返ってばらばらになるのではないかと覚悟したが、そうならなかった。素晴らしい着水だった」と恐怖が安堵に変わった瞬間を語った。

 乗客4人を収容したニューヨーク市内の病院の関係者はCNNに、「低体温の症状があるが、それ以上のけがはない」としている。

 事故の原因は飛行機のエンジンが鳥を巻き込んだことが原因とみられるが、この問題を研究しているグループによると、1970年以後、同様の原因で5つの大型旅客機が重大事故に巻き込まれているという。

【NY旅客機事故】機長は経験豊富な米空軍パイロット
2009.1.16 10:39

このニュースのトピックス:米国

ハドソン川に不時着した旅客機。機長の冷静な判断が大惨事を防いだ(AP) ニューヨークのハドソン川で起きたUSエアウエイズ機の事故で、大惨事を防いだと称賛された機長はパイロットとして40年以上の経験を持ち、飛行時間1万9000時間以上というベテランだった。

 米ABCテレビ(電子版)などによると、奇跡を呼んだ機長は、チェスリー・B・サレンバーガー3世氏(57)。米空軍士官学校を卒業後、インディアナ州のパデュー大学と北コロラド大学で修士号を取得した。その後、米空軍でF-4戦闘機のパイロットを7年間務めたという。

 一方、サレンバーガー3世氏は、陸、海、空の事故を扱う米運輸安全委員会(NTSB)の事故調査に加わったこともあるほか、現在も航空会社操縦士協会で安全担当の委員長を務めている。(ニューヨーク支局)

【2009/01/16 08:52】 | 事件
トラックバック(0) |


duca-me
このパイロットはGJですね♪
もし街中に落ちていたら・・・(((((・д・;)))))ガクガクブルブル


おっさん
市街地に落っこちたら、またテロ扱いになっちゃって、今度はイランでしょうかね?
そうすると景気浮揚ですね?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
このパイロットはGJですね♪
もし街中に落ちていたら・・・(((((・д・;)))))ガクガクブルブル
2009/01/16(Fri) 12:45 | URL  | duca-me #-[ 編集]
市街地に落っこちたら、またテロ扱いになっちゃって、今度はイランでしょうかね?
そうすると景気浮揚ですね?
2009/01/16(Fri) 12:53 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック