自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 稲田朋美氏は、最近は防衛大臣になられてもっぱら専守防衛ですな。
 だから野党時代になじみのなかった方から見られると何とも頼りのないイメージになってしまうんでしょうかね。

 靖国参拝していない事をよりにもよってあの辻本に指摘され、本当はスケジュールがつかず自身の信念を全うできなかった無念から出た涙を、口げんかに負けた弱り目の涙と捉えられ、それをもって「ひ弱」と認識されてしまいましたな。
 見た目の華奢さと、やや舌っ足らずのしゃべり方も、そういうイメージになってしまう要因なのでしょう。

 本当はそんな殊勝な人じゃなかったという記事。

 弱く見えて…実はしたたかな人 番記者が見た稲田防衛相
 http://www.asahi.com/articles/ASK2N6HLRK2NUTFK017.html

 このお顔はしたたかな感じがするよね、今とはそうとう違うよな。
 inadatomomi.jpg

 こんな事がありました。
 imagesLGNUFI67.jpg

 そしてこんな事も。
 o0312037513861494970.png

 いろんな表情を見せる稲田氏ですが、こりゃー迫力あるよね。
 大きく見える。
 img_4c8bb0a2f6f695cf7573a321cfbe06f3424608.jpg

 実際はかわいいのです。
 281011mmod1.jpg

 日本初の女性総理候補と言われる所以。

 野党時代の名演説。

 
 



【2017/02/22 08:50】 | 大切な日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック