自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 連合は連合で、組織内にかなりの規模を持つ電力総連なんてのがあって、原発に対しては肯定的な勢力もあるんだな。
 そりゃあそうだ、発電が働く場であり、廃炉に目をつぶるとローコスト電力ってぇ建前だもんね。
 他の製造業にとっても、安い電力ってのはなんだかんだ言っても自分たちの労働賃金に影響してくる問題だ。
 だから、旧民主党が2030年代に廃炉作業を残して原発の全廃という路線を打ち出していたんだが、民進党代表の蓮舫が、その30年代の「代」を取っちまって、2030に全廃に変えちゃったんだ。

 んで支持母体である連合から大きく不信感を持たれることになる。
 連合もしんどい立場だよな、事、原発の問題になると真っ二つになっちまうんだね。

 私は、何回も書いているけど、いま世界的な経済低迷期に、ローコストと言われる原発を止めて、高くつく火力発電や不安定な自然エネルギーに電力を依存するのは反対なんだ。
 原発は廃炉を念頭に入れると結局は高くついてしまうのだが、その費用懸念は先送りしても、しばらくは原発でこの経済低迷を乗り切る必要があると思っている。
 しかしある程度GDPが上昇したのちは、完全に原発は廃炉に向かうべきだ。
 その廃炉作業を世界に先駆けた先端技術とするべきだともね。

 デフレの脱却こそ廃炉への近道・・なんて考えるのだがね。
 だめかね?。

 新潟は反原発を唱えたヒトが知事になってしまったが、国家的規模では原発問題は取り扱いが非常に難しい事になってしまっているようだ。

 民進党の蓮舫代表「党大会で方向性を示したい」 電力総連「釈然としない。仲間は怒っている」 2030年原発ゼロ方針をめぐり電力総連が反発
 http://www.sankei.com/politics/news/170223/plt1702230004-n1.html

 【日本の解き方】連合の民進離れが進むワケ 原発政策で共産党にすり寄り、雇用増やせぬ政策にも不信感
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170223/dms1702230830003-n1.htm




【2017/02/23 09:42】 | 反民進
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック