自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 
 息子が通う中学校の先生が「やばい」という言葉の“使用禁止令”を出したそうだ
 http://news.livedoor.com/article/detail/12726427/

 確かに、言葉の乱れは心の乱れ・・なんて言いますな。
 やばいなんて言う言葉は、昔は堅気の人が使う言葉じゃなかったようです。

 もう昔の話になってしまいましたが、今の皇太子殿下がその言葉を発してニュースになったこともありました。

 しかし、今や時代が変わりましたな。
 私が作った料理を食べていただいた時などに「やばい!」とか言っていただけた時は最大評価だと感じますし、近くの川が氾濫しそうな時などは、「大変だ」などと言うより「まじやばい」って言った方が緊迫感が伝わります。
 やばいって言葉が頻繁に、しかも多様化して使われるようになった理由がちゃんとあるんですね。

 言葉なんてのは時代とともに変化するものであるし、ずーっとそうやって続いてきたものでもあります。
 今更、一つの単語を規制することの無意味さを考えた方がいいと思います。

 将来「やばいを禁止した校長がいたっけな」と笑い話になってしまうのがオチです。

 言葉に関しては柔軟な感性を持とうというこの記事に賛成ですね。

 

【2017/02/28 11:13】 | 日々是好日
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック