自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 朝鮮半島は、そうとうやばい状況にある。
 
 経済的には、比べるべくもないほど韓国が圧倒しているが、工作活動やハッキング、諜報活動に関してはまったく逆転した状況にあるらしい。
 もしかすると「草」を、来るべき時に備えて相当数、国家中枢にも送り込んでいた可能性がある。
 それは買収工作なんて言うレベルではない、確信的なスパイを送り込んでいるという意味だ。

 そうでなければ「作戦計画5027」の内容が完全に北に漏れているなんて事になる訳がない・・・という話。

 米韓軍の最高機密軍事作戦が流出か 北がハッキング…過去最悪の被害 韓国メディア報道
 http://www.sankei.com/world/news/170404/wor1704040011-n1.html

 作戦計画5027

 ま、ばれているのなら逆手に取ればいいのかもしれないが、どこにスパイがいるのか判らないうちはどうしょうもない。
 かくなる上は、米国単独でやるしかないのか?
 
 韓国国家中枢に内通者が40人もいたという話。

 20分過ぎ。

 

 ケンチャナヨじゃ、北とは戦えない。

 本当にやばい。





腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2017/04/05 09:21】 | 外交
トラックバック(0) |

ははは
冬水
国防のイントラネットがインターネットと繋がっている。それでハッキングされて漏れた?漫画みたいな状況。北のハッキングはアメリカの空母をフリーズさせたことがあるほどだけど。
セウォル号も日本の中古船を魔改造してひっくり返った。オイオイ。どうもウルグアイ沖でもタンカーを改造したばら積み船がひっくりかえったとか。
アメリカは日米韓で東アジア版のNATOを作りたいとか。いや、韓国は除外してよ。あの国が入っていると中朝露に完敗するよ。あ、韓国がいなければ朝鮮半島は日米には関係ありません。それでいいでしょう。


ヤマ親爺
確かにあの国にはうんざり致しますが、韓国が無くなると、防衛ラインが対馬沖になってしまいますよね。それは日本としては困ったことになるんじゃないかと思いますが、ま、平和ボケ直すにはちょうどいいのか・・。

いやいや
冬水
北に原爆落とすより、韓国を抱え込ませるほうが、よほどすごい核爆発となる。何しろ、あの国民性だ。統制に失敗して金王朝は滅びベトナムのような国になる。韓国の製造業は滅び、日中の製造業はウィンウィンとなる。


ヤマ親爺
やっぱり一番嫌なのが、財政支援をさんざんやらされた挙句、結局は内乱になり、日本海には無数の難民船が日本を目指している・・なんて言うシナリオです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ははは
国防のイントラネットがインターネットと繋がっている。それでハッキングされて漏れた?漫画みたいな状況。北のハッキングはアメリカの空母をフリーズさせたことがあるほどだけど。
セウォル号も日本の中古船を魔改造してひっくり返った。オイオイ。どうもウルグアイ沖でもタンカーを改造したばら積み船がひっくりかえったとか。
アメリカは日米韓で東アジア版のNATOを作りたいとか。いや、韓国は除外してよ。あの国が入っていると中朝露に完敗するよ。あ、韓国がいなければ朝鮮半島は日米には関係ありません。それでいいでしょう。
2017/04/06(Thu) 13:48 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
確かにあの国にはうんざり致しますが、韓国が無くなると、防衛ラインが対馬沖になってしまいますよね。それは日本としては困ったことになるんじゃないかと思いますが、ま、平和ボケ直すにはちょうどいいのか・・。
2017/04/07(Fri) 08:39 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
いやいや
北に原爆落とすより、韓国を抱え込ませるほうが、よほどすごい核爆発となる。何しろ、あの国民性だ。統制に失敗して金王朝は滅びベトナムのような国になる。韓国の製造業は滅び、日中の製造業はウィンウィンとなる。
2017/04/07(Fri) 09:33 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
やっぱり一番嫌なのが、財政支援をさんざんやらされた挙句、結局は内乱になり、日本海には無数の難民船が日本を目指している・・なんて言うシナリオです。
2017/04/07(Fri) 11:51 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック