自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 日本人は、国家から食わせてもらっているんじゃない。
 その一点で、国家予算を家庭の財布に例える事がおかしいのがよくわかる。
 逆に、国を食わせてやっているのが国民なのだ!

 だから国民に課す税金が増えれば間違いなく国民は疲弊し、景気は低迷。
 当然税収は減ることになる。
 当たり前だよね。

 民主党とか、あの山本某とかは、増税した分の再配分で経済に安心感を持たせ、経済を回復させようとしている。
 それって、一見正しいようなロジックなんだけど、GDPの拡大にはブレーキがかかる訳だから、やっぱり間違いなんだよな。

 三橋氏や、この高橋氏の増税は間違っているという話が、なんで財務省に通じないか?
 その辺も35分付近で出てくる。

 

 今、あまりにも経済の首都圏集中が進んでいるが、それとてもGDPが拡大しないのが原因だし、同時に地方の疲弊も言わずもがな。少子化の要因だってデフレ経済が続いていることだって大きいんだよな。

 いっそ、消費税の全廃だって、景気の急激な回復、そして賃金の上昇につながる事は間違いないと思うのだがね。

 ついでに「プライマリーバランス」も撤廃だな。

 




【2017/06/02 08:55】 | 経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック