自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 いやはや酷い物です。
 聞くに堪えません。

 ま、動画をご覧ください。
 実際に本質的に渦中の文字通り中心の玉木と、客観的にデーターをそろえて玉木に突っ込みを入れる辛坊治郎。
 どちらが正論を言っているか?
 
 ま、玉木は論点のすり替えやら、必至だな。

 

 玉木の子供国債は賛成だな。
 小泉のこども保険?は明確な増税行為に等しい。







腰痛おじさんの大発見、何と医者に手術を言い渡された坐骨神経痛を自分で治す方法を発見した
中年おじさんがネット古物ビジネスで自由な生活を手に入れた方法
「あらゆるビジネスを成功へと導く本質的思考とノウハウ」
更新型:新世界YouTubeマーケティング

【2017/06/17 21:18】 | 反民進
トラックバック(0) |

長州政治家の系譜を引いているな
冬水
維新以来、長州政治家は官有地を払い下げて、得した者から政治資金を手に入れていた。岸は新潟が生んだ大政治家を「あんな土建業者からもらって政治資金を作っている」などと嘲笑したものだ。
でもまあ、現代では薄く、長く貰わないと塀の向こうに落ちる。総裁選は買収し放題だから、多額の支援を受けたのか?
森友も加計もサービスしすぎだな。
獣医学部は必要だけど国立の愛媛大学に作るべきだろう。あんな高い授業料を払って160人も応募してくるとは思えない。それに所得が平均の家庭ではやれない。教育の機会均等に反すると思うね。
愛媛大学に作るなら今治市は土地をタダで提供しても何もおかしくはない。
加計のFラン大学など出ても貧困青年になりそう。行かないほうがましだろう。看護とか農業とか美理容とかの、もっと役に立つ専門学校へ行くほうが、よほどましだろう。
このまま行くとは思えないけど、行けば今治市民は火葬代、ゴミ袋代、手数料、水道代などが上昇して暴動かな?


ヤマ親爺
規制緩和は、完全に地方経済に打撃を与えましたな。それまで成り立っていた自営業などが崩壊いたしました。外圧に負けての大店舗法の撤廃などが顕著な例だと思います。既得権が壊された結果、格差が生じます。効率を求めての中央集権がより加速しますね。地方崩壊のスパイラルです。
これに対する手立ては、15年以上も前にしっかりとやっておかなければならなかったはずです。そうでないと霞が関は地方切り捨ての確信犯になります。

血の雨が降るかも
冬水
土地も建物も今治市民、愛媛県民の税金で払っているのに、事業主体が加計だから、岡山のゼネコン主体でやっている。今治、愛媛の土木建築業者は不満だろう。本来なら公開入札だもの。すでに下請けに入った建設業者の所には街宣車が来ている。おカネの絡む問題は怖いからね。
安倍さんには気の毒だが、この際、アメリカ派遣のエコノミック・ヒットマンである経済学者と一緒に心中して欲しい。
国際医療福祉大学とか今度の獣医学部とか金持でなければいけない学校ばかり作れば、国力は衰退する。国家戦略特区は米国の罠であるのだろう。


ヤマ親爺
 この件に当てはまるかどうかは不明ですが、地方を疲弊させた原因に、極端な公共事業の削減により、地域の土建業が、次々と廃業を余儀なくされたことも上げられます。日本は災害資源と言っても良い程の、経済エンジンが存在している訳ですが、災害を経済活動にして行くには、適正な財政出動と、その受け皿が必要な事は言うまでもない事。加計学園に問題があるとすれば、その延長線上である事を考えるべきです。少なくとも、安倍総理との関係は関係ないね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
長州政治家の系譜を引いているな
維新以来、長州政治家は官有地を払い下げて、得した者から政治資金を手に入れていた。岸は新潟が生んだ大政治家を「あんな土建業者からもらって政治資金を作っている」などと嘲笑したものだ。
でもまあ、現代では薄く、長く貰わないと塀の向こうに落ちる。総裁選は買収し放題だから、多額の支援を受けたのか?
森友も加計もサービスしすぎだな。
獣医学部は必要だけど国立の愛媛大学に作るべきだろう。あんな高い授業料を払って160人も応募してくるとは思えない。それに所得が平均の家庭ではやれない。教育の機会均等に反すると思うね。
愛媛大学に作るなら今治市は土地をタダで提供しても何もおかしくはない。
加計のFラン大学など出ても貧困青年になりそう。行かないほうがましだろう。看護とか農業とか美理容とかの、もっと役に立つ専門学校へ行くほうが、よほどましだろう。
このまま行くとは思えないけど、行けば今治市民は火葬代、ゴミ袋代、手数料、水道代などが上昇して暴動かな?
2017/06/18(Sun) 04:34 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
規制緩和は、完全に地方経済に打撃を与えましたな。それまで成り立っていた自営業などが崩壊いたしました。外圧に負けての大店舗法の撤廃などが顕著な例だと思います。既得権が壊された結果、格差が生じます。効率を求めての中央集権がより加速しますね。地方崩壊のスパイラルです。
これに対する手立ては、15年以上も前にしっかりとやっておかなければならなかったはずです。そうでないと霞が関は地方切り捨ての確信犯になります。
2017/06/18(Sun) 16:27 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
血の雨が降るかも
土地も建物も今治市民、愛媛県民の税金で払っているのに、事業主体が加計だから、岡山のゼネコン主体でやっている。今治、愛媛の土木建築業者は不満だろう。本来なら公開入札だもの。すでに下請けに入った建設業者の所には街宣車が来ている。おカネの絡む問題は怖いからね。
安倍さんには気の毒だが、この際、アメリカ派遣のエコノミック・ヒットマンである経済学者と一緒に心中して欲しい。
国際医療福祉大学とか今度の獣医学部とか金持でなければいけない学校ばかり作れば、国力は衰退する。国家戦略特区は米国の罠であるのだろう。
2017/06/19(Mon) 03:16 | URL  | 冬水 #-[ 編集]
 この件に当てはまるかどうかは不明ですが、地方を疲弊させた原因に、極端な公共事業の削減により、地域の土建業が、次々と廃業を余儀なくされたことも上げられます。日本は災害資源と言っても良い程の、経済エンジンが存在している訳ですが、災害を経済活動にして行くには、適正な財政出動と、その受け皿が必要な事は言うまでもない事。加計学園に問題があるとすれば、その延長線上である事を考えるべきです。少なくとも、安倍総理との関係は関係ないね。
2017/06/19(Mon) 10:27 | URL  | ヤマ親爺 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック