自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 文科省に限った事ではないのかもしれない。
 しかし、「教育の独立性」なんていう、GHQが残した遺産がいまだに尾を引いているのはよく解る。
 確かに言えるのは、政権がころころ変わるたびに教育内容も連動したら、間違いなく混乱が起きるよな。
 ま、世紀の大転換であった大戦の後に、政治と教育の間にしっかりと壁を作った事には、すべては間違っていたとは言い難い物もある。

 返って、この前川の物言いは、果たしてそのような理念に基づいていたものであろうか?
 まあね、あの「出会い系バー」通いをみれば、そんな御仁ではない事がよく解るよな。

 早い話が、そういう壁を利用して、陰に隠れるようせっせと天下り斡旋を繰り返し、本来やらなければならない仕事をせずに、その世界では「良い人」ぶっていただけの、とんでもない大馬鹿野郎だってぇ事がよく解って来た。
 
 前川喜平前次官、参考人招致のポイントは? 「思い上がった文科省にメスを」と元官僚・八幡和郎氏
 http://www.sankei.com/politics/news/170710/plt1707100007-n1.html

 それをはっきりと炙り出した青山繁晴氏。

 国会 神回 青山繁晴氏 元愛媛県知事に正論で加計問題の本質を突かれ 蓮舫 民進 前川氏 マスコミ が焦る!獣医学部新設の感動の熱い思い 前川喜平参考人質疑 最新の面白い国会中継


しかし、これは重要な事なんだが、質問を続ける青山氏のすぐ後ろで、嘲るような笑いを繰り返すこんな輩が存在する。
既得権側どっぷりの思考停止野郎だ。こんなのが政治家として存在しているうちは、日本は絶対よくなる事は無い。

 【青山繁晴を蔑み笑う民進党の杉尾秀哉】内閣連合審査会[閉会中審査]2017年7月10日

 

 

【2017/07/11 08:59】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック