自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 SNSなんかのコメント欄見ていると、アンチ青山氏ってぇヒトタチは多くは無いですが、そこそこいらっしゃいますね。
 ついでに高橋洋一氏等にも同様に、「取り上げるに値しない」という扱い方をしています。

 メディアが全くそういうスタンスなんですな。

 いや、なるべく正しく書くと、産経を除く報道各紙、それから在京キー局が、特にこのお三方を「いなかった事にしたい」モード全開です。

 てぇ事は、このお三方のおっしゃることに、実は本質があるのです。

 国民に知らせたくない「本質」がね。

 国民は、本質を知りつつ、当事者意識を持ちたいものだよね。

 【青山繁晴】「国会議員としてちゃんとしろ!」⇒八つ当たりしてきたワガママ有権者に激怒!
 

 【青山繁晴】疑念が確信に変わったコイツらの目的を暴露!ついに名指しで宣戦布告
 

 西田昌司氏、たった一回でも有田芳生と組んでしまったのは、大間違いだったよなー。
悔やまれてならない。
 

  本音トークに慣れていないヒトタチ、耳障りの言い建前論が正しいと思い込むようなヒトタチには、青山氏の話っぷりにはアレルギー反応が出ちゃうのかもね。

 もう一つ書いておきます。
 こちらも本質ですな。
 今回取沙汰された、「国家戦略特区制度」。
 すべて否定する訳ではありませんが、竹中平蔵当たりの思う壺になってしまっています。
 グローバリズム推進すると、合意形成上、今までのやり方と違う非民主主義的な動きがあったりするのはいかがかと思うよね。
 ま、それに対しての反対で「学園問題」が起きたのであれば、私もブログの内容は違って来たのかもしれませんがね。

 三橋貴明【狂い始めた安倍政権の原因!!】国家戦略特区加計学園問題日本国民は特定の政治家と結びついたえこひいきは嫌だが…グローバリスト
 
 

【2017/07/29 10:07】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック