FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 あの「美味しんぼ」(私もよく読んでいます)の原作者、雁屋哲しが自身のブログで件のシーシェパードとオーストラリアを猛烈批判しているらしい。

 
 「美味しんぼ」のストーリーにも捕鯨反対団体に対しての批判をこめた内容の物や、WTOをはじめとするグローバリズムに否定的な内容はあったりするんだが、この雁屋哲氏、天皇がお嫌いのご様子だ。 → 「天皇と日本人」


 他にも、日本人が韓国人に対して行ったとされる強制連行にも作品内で触れている。
 いわゆる戦後教育に極端にマインドコントロールされた作者・・・と私は認識しているのだが・・・。


 「鯨」や「米」などの食文化や、付随した日本人の民族文化的なものに対してはものすごくしっかりとこだわっている・・・。
 
 
 じゃあなんで天皇が嫌いなんでしょうかね?
 よく判りません・・・。

oisi



 引用です。
「美味しんぼ」作者、ブログでシー・シェパードと豪を猛批判
2009.2.8 19:45    産経ニュース

このニュースのトピックス:捕鯨

調査捕鯨船団に対して信号弾のようなものを発射するシー・シェパードの抗議船スティーブ・アーウィン号=2月5日、南極海(日本鯨類研究所提供) 長寿グルメ漫画「美味しんぼ」の原作者、雁屋哲さんが自身のブログで、米環境保護団体「シー・シェパード」(SS)による調査捕鯨妨害を厳しく批判している。


 雁屋さんは7日付の書き込みで、SSを「海賊を通り越してテロリスト」とし、「日本の、調査船団の乗組員の命が危険にさらさられているのに、日本政府は何をしているのだ」と自衛隊の派遣を主張。さらに日本政府は抗議船の乗組員ら妨害行動の関係者すべてを日本に引き渡すことなどをオーストラリア政府に求め、聞き入れなければオーストラリアに対し制裁に踏み切るべきと持論をつづった。


 オーストラリアに20年以上住んでいるという雁屋さんだが、「ここまで日本人を馬鹿にし、日本人に対してテロ行為を行っているオーストラリアになんか、遊びに来るな」「『美味しんぼ』でさんざんオーストラリアを褒めちぎった私が言うのだ。この気持ちを分かって欲しい」と述べ、怒りをあらわにした。


 日本の調査捕鯨船団は現在、南極海を航行しており、それに合わせてSSは過激な抗議活動を展開。今月2日には「日新丸」に液体が入った瓶を投げ込まれ、6日には「第2勇新丸」「第3勇新丸」に抗議船ごと体当たりされるなどの妨害行為が続いている。

【2009/02/09 08:15】 | 事件
トラックバック(0) |


duca-me
麻生君がソマリア沖の海賊対応したのと同じように海の軍用犬にも対応してくれませんかねぇ?(爆)


おっさん
いやホントにテロですよね。
国家として毅然とした態度で臨むべきです!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
麻生君がソマリア沖の海賊対応したのと同じように海の軍用犬にも対応してくれませんかねぇ?(爆)
2009/02/09(Mon) 23:14 | URL  | duca-me #-[ 編集]
いやホントにテロですよね。
国家として毅然とした態度で臨むべきです!
2009/02/10(Tue) 09:02 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック