FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 民主主義の、最も民主主義らしい行為が選挙だという事はガキの頃からしっかりと習っておりますな。
 それから見ると、大人になってから実に多いのが、多数決でないその場の空気による合意形成ですね。
 違和感は感じましたが、今はそれで普通と思っています。

 そんな空気だけで世の中が流れて行けば、そりゃ~マスコミは徹底的に監視し、常に検証をして行く必要があるとは思いますが、日本は、ちゃんとした選挙がありますから、自浄する力を持っていると言えます。

 あれだけ、メディアの「反安部キャンペーン」に叩かれながらも、しっかりと安定多数を確保いたしました。
 メディアは気付くべきですね、今回の与党圧勝は、「反マスメディア」の一面がある事をね。

 今回の圧勝を受けて、報道各紙、各社はなんとも「負け犬の遠吠え」みたいな論調が実に多いのね。

 (一番腹が立ったのが、新潟日報でしたな。何しろあの浜矩子やら田中均やら、サヨクの権化みたいな連中の対談を一ページで載せてきましたからねぇ)

 まあその他の有力紙の扱いが紹介されていた記事です。
 
 自民圧勝の衆院選、新聞各紙の伝え方はこんなに違う
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00010005-bfj-soci

 そのメディアの象徴の様な老害も挙げておきます。

 【国民の意を否定】田原総一郎「自民党勝ちすぎ。おかしいよ。安倍政治ってのはね森友、加計、共謀罪、ろくなものがないんだよ。」(※動画あり)
 https://snjpn.net/archives/34274

 その時代の遺物になろうとしている「新聞」の軽減税率に公然と言い放った若きホープ進次郎。

 小泉進次郎「新聞に軽減税率はおかしい」 生中継で発言、ネット「よく言った」
 http://news.livedoor.com/article/detail/13789246/

 もう公然の事実になりつつある、第四の権力の偏向も含めての腐敗ぶりなんだな。




【2017/10/24 08:57】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック