FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 ずーっと書いて来ました。
 失われた20年が、25年になろうかとしています。
 経済の拡大は、誰かが負債を負わなければ成り立ちません。
 バブル崩壊後、企業と国民は負債よりも、返済と貯蓄の方に重きを置いてしまいました。
 返済と貯蓄は、経済の収縮を意味します。

 グローバリズムによって、突出した国家は、あらゆる手段により経済的圧力がかかります。
 経済が拡大しなくなったのは、この二つがすべての要因です。

 そのグローバリズムに抗って、日本国家の経済を少しでも拡大するには、今は財務省主導の「財政均衡化・PB」を止めて、国債を発行して財源とし、積極的な財政出動をする事しか方法がありません。

 何しろ、今の北の脅威に対してまでも財政均衡化の影響があり、積極的な防衛策が取れないのが現状と言う、極めて異常な状態が続いていますからね。

 表立って敵対する訳にも行かないが、今安部さんが真に戦っているのは財務省なんであって、野党ではないんだな。
 余計な下らないモリカケなんかでウダウダ言っているのは、もしかしたら財務省側からの策略なのかもしれないなんて言う見方もある位だ。

 https://youtu.be/rHS5cycBbIE

 





 

【2017/12/06 09:48】 | 経済
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
☆何度も繰り返すが、公正公平不偏不党な 報道など存在しない。 もちろんそれに近い報道はあるが、所詮は 主観をもった人間の書くことだ。 ましてや朝日新聞や沖縄売国二紙は明確 な反日スタンスをもっている。
2017/12/06(Wed) 17:52:07 |  母さんによる徒然・・・