FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 と、まあそこまで言ってしまうと、何が一流だか解らなくなってしまうね。
 文科省なんかは、あの前川なんてのが事務方トップだったんだもんな。
 座右の銘が「面従腹背」って、完全に政府も人生もなめ切っている。
 お話にならない人物がトップだって、その部下は推して知るべしだ。
 財務省に至っては、税収というか税収の手段とその構成比率にだけこだわり、景気を上げて税収増を図ろうという、国家の経済全般を睨む視点に欠けている。
 勉強不足の政治家なら、選挙で落とせば済むだけなのだが、官僚となるとそうはいかない。
 しっかり国家国民の事を考えられなければ、国家公務員なんか止めてしまえと言いたい。

 厚労省は「三流」官庁 働き方不適切データ…考えられない大失態 評論家・八幡氏「ずさんな仕事許される体質」
 www.zakzak.co.jp/soc/news/180221/soc1802210008-n1.html

 まあ「劣化」なんだろうな。
 それがどこに起因しているのかは、検証する価値はあると思う。




【2018/02/22 10:26】 | 官僚社会主義
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック