FC2ブログ
自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 秋田のしよっつるでイタリアン・パスタ・・。
 いいと思いますね。

 うちもずっと以前から女房の実家がある千葉外房産の「酒盗・しゅとう」を使ってペペロンチーノをよく作ります。
 生臭さは全く無く、アンチョビよりもずっと旨みがあります。
 しょっつるもアミノ酸たっぷりですから十分美味しい事と思います。

 他にも、佐賀の「ガニ漬け」もものすごく美味しかったです。(こちらではなかなか手に入りません。)

 あと、福井には「ととだし」といって、秋田のしょっつるとおんなじ魚醤もありますね。

 やっぱりシンプルなペペロンチーノを先ずお勧めします。
 写真はモクズガニのペペロンチーノ(絶品)
mokuzu

 引用です。
秋田「しょっつる」を世界の味に、まずはパスタ試食を
ぐるめ
 アンチョビーならぬショッツルのパスタはいかが?──。ハタハタで作った魚醤(ぎょしょう)「しょっつる」をパスタやソースなどに利用し、イタリア料理を作る体験ツアーが来月5日開かれる。

 秋田県が初めて企画した。

 ツアーでは、男鹿市の醸造所でしょっつるの製造過程を見学後、料理教室に参加。メニューは、しょっつるで味付けした春野菜のパスタ、オリーブオイルなどで風味をつけた特製しょっつるソースで食べる海鮮素揚げの2種類。

 一足早く試食した県の担当者は「魚のうまみが凝縮され、まさに地中海風」と太鼓判を押す。体験ツアーが参加者に好評であれば、今後、フランス料理や中華料理にも使う考えで、しょっつるの「世界デビュー」がかかっている。

 参加費1000円。先着20人。問い合わせは秋田県秋田地域振興局(018・860・3313)へ。

(2009年2月20日12時06分 読売新聞)

【2009/02/20 12:43】 | 料理
トラックバック(0) |


duca-me
1)シメジとシイタケを適当な大きさに切る。
2)フライパンにバター大さじ2を溶かしてキノコを炒める。
3)火が通ったらシーチキンの小缶1こ投入。
4)塩コショウで味を整える。
5)カップ半分(90cc)のミルクに大さじ1/2の小麦粉を入れてかき混ぜ、4)の中に入れかきまぜる。
6)軽くとろみがついたらパスタを入れてからめて出来上がり♪

あっさりしたホワイトソースもどきパスタですよん(^^)


おっさん
duca-meさん、なかなかやりますな!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
1)シメジとシイタケを適当な大きさに切る。
2)フライパンにバター大さじ2を溶かしてキノコを炒める。
3)火が通ったらシーチキンの小缶1こ投入。
4)塩コショウで味を整える。
5)カップ半分(90cc)のミルクに大さじ1/2の小麦粉を入れてかき混ぜ、4)の中に入れかきまぜる。
6)軽くとろみがついたらパスタを入れてからめて出来上がり♪

あっさりしたホワイトソースもどきパスタですよん(^^)
2009/02/21(Sat) 00:33 | URL  | duca-me #-[ 編集]
duca-meさん、なかなかやりますな!
2009/02/21(Sat) 12:37 | URL  | おっさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック