自主憲法 自主防衛 自主エネルギーの日本でありたい
  
   
 自殺に至る様な真面目な公務員を前に、籠池は執拗な要求を続けた。
 何しろ自身の会社の存続にかかわる問題だから死に物狂いだ。
 いろんな場面で知り合った、いや無理やり知り合いになった有力者の名前をありったけ出して、ある時は懇願、ある時は恫喝してまで、財務局の職員を篭絡してしまったんだな。

 いい迷惑なのは、無理やり知り合いになった有力者の面々だ。

 特に政治家の場合は、初対面の人間の氏素性が解らないとしても、いい顔をしていなきゃならないのは当たり前だからなんだな。

 ~~という様な取引があった。

 で、国有地の払い下げに対し大きな値引きがあった事を繋げ、その原因を政府に結び付けたのが朝日新聞だ。

 「軍の関与があった」→「軍の強制があった」→「慰安婦は人権問題だ」という流れに似た様な構図なんだな。

 こんなのが倒閣に結び付いたら。

 それこそ、日本の大きな損失になってしまう。
 また10年~20年と日本は大きな低迷を続け、世界において、発展途上国よりも低い存在になってしまう恐れがある。

 先ずは、籠池に篭絡され、この体たらくを招いた財務省の再構築だ。

 

 麻生大臣の辞任は100歩譲って止む無しだとしても、エリート意識むき出し、日本をダメにする悪徳財務省を道連れにし、省解体・歳入庁新設~みたいになれば、なかなか面白くなる。


長谷川氏、はっきり「これは近畿財務局のしっぱいです」と、高橋洋一氏がずーっと指摘して来た事を言っている。

 






【2018/03/13 09:07】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック